【募集中】韓国語社内スタッフ

EC大手の京東が袋状荷物のIoT仕分けシステムの開発に成功=中国初、作業効率5倍に

配信日時:2019年4月29日(月) 21時50分
京東が袋状荷物の自動仕分け開発に成功=中国初、作業効率5倍に
画像ID  1087387
中国の大手ECサイト「京東(ジンドン)商城」を運営する京東集団は、袋状の荷物の自動識別・自動仕分けを可能にするシステムの開発に成功した。中国で初めてであり、作業効率が5倍以上改善される。写真は同システムの一部であるAIによる荷物の選別。
中国の大手ECサイト「京東(ジンドン)商城」を運営する京東集団は、中国で初めて袋状の荷物の自動識別・自動仕分けを可能にするIoT(モノのインターネット)システムの開発に成功した。同社日本法人のJD.com京東日本が19年4月25日付で発表した。

袋状荷物は形状が不定で表面が平らでないため、これまで物流業界では自動識別・自動仕分けが課題になっていた。京東集団が開発したシステムは、荷物を保管・運搬するための麻袋であるフレキシブルコンテナバッグ(フレコンバッグ)など袋状の荷物の識別・仕分けを可能にした。

同システムでは、AI技術や360度コード解読技術などさまざまな技術を組み合わせており、識別に必要な時間は1袋当たり0.9秒。仕分け精度は99.99%と極めて高い。1時間あたり4000袋の識別ができ、従来の方式に比べて作業効率が5倍以上改善されるという。(翻訳・編集/如月隼人
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事