Record China

ヘッドライン:

EC大手の京東が袋状荷物のIoT仕分けシステムの開発に成功=中国初、作業効率5倍に

配信日時:2019年4月29日(月) 21時50分
拡大
中国の大手ECサイト「京東(ジンドン)商城」を運営する京東集団は、袋状の荷物の自動識別・自動仕分けを可能にするシステムの開発に成功した。中国で初めてであり、作業効率が5倍以上改善される。写真は同システムの一部であるAIによる荷物の選別。

中国の大手ECサイト「京東(ジンドン)商城」を運営する京東集団は、中国で初めて袋状の荷物の自動識別・自動仕分けを可能にするIoT(モノのインターネット)システムの開発に成功した。同社日本法人のJD.com京東日本が19年4月25日付で発表した。

袋状荷物は形状が不定で表面が平らでないため、これまで物流業界では自動識別・自動仕分けが課題になっていた。京東集団が開発したシステムは、荷物を保管・運搬するための麻袋であるフレキシブルコンテナバッグ(フレコンバッグ)など袋状の荷物の識別・仕分けを可能にした。

同システムでは、AI技術や360度コード解読技術などさまざまな技術を組み合わせており、識別に必要な時間は1袋当たり0.9秒。仕分け精度は99.99%と極めて高い。1時間あたり4000袋の識別ができ、従来の方式に比べて作業効率が5倍以上改善されるという。(翻訳・編集/如月隼人

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国人女性に化粧品やサプリの「爆買い」傾向、年代によっては日本人の数倍の出費

マーケティングなどを手掛けるバリューズの調べで、越境ECの利用習慣がありかつ過去1年内に訪日経験のある女性は、日本人女性と比べて化粧品やサプリメント購入の出費がはるかに多いことが分かった。年代などによる分類では、日本人女性の数倍の場合もある。

Record China
2019年4月6日 18時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング