Record China

ヘッドライン:

「サイバー攻撃の発信元は中国」と韓国政府が発表=単純ミスと判明し翌日に訂正―韓国

配信日時:2013年3月23日(土) 12時32分
拡大
22日、韓国・聯合ニュースによると、韓国放送通信委員会は「サイバー攻撃の発信元は中国のIPアドレス」との前日発表を誤りだったと発表した。写真はソウル。
(1/8枚)

2013年3月22日、韓国・聯合ニュースによると、韓国放送通信委員会は「サイバー攻撃の発信元は中国のIPアドレス」との前日発表を誤りだったと発表した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

20日、韓国のテレビ局3社、金融企業6社のコンピューターネットワークがダウンする事件が起きた。21日午前、韓国放送通信委員会は攻撃元のIPアドレスが中国だったと発表。北朝鮮が中国を経由してサイバー攻撃を仕掛けたとの見方が広がっていた。

しかし22日になって韓国当局は攻撃元のIPアドレスは韓国国内のものだったと訂正した。今回、被害を受けた農協のネットワークで私用されていたプライベートIPアドレスが、中国のグローバルIPアドレスと偶然一致していたことによる単純なミスだという。

なお中国外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官は21日の記者会見で、サイバー攻撃は世界的な問題であり、匿名性、多国籍、詐欺という特徴を備え、他国のIPアドレスを盗んで攻撃するのはハッカーの常道だと話している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

韓国のネットワーク障害、北朝鮮が中国を経由してハッキングした可能性が高い―韓国メディア

21日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の関連部門は同国内のテレビ局や金融機関のコンピューターで起きたネットワーク障害は中国内のネットワークを経由してハッキングされたものだと明らかにした。写真は中国メディアの報道。

Record China
2013年3月21日 14時3分
続きを読む

ランキング