【募集中】韓国語社内スタッフ

日本行きの航空券もホテルも予約したのに…送られてきたビザの写真が知らない人―中国

配信日時:2019年4月26日(金) 16時20分
日本行きのビザ申請も、できあがりの写真が別人!日本総領事館に聞いたら…―中国
画像ID  1087017
中国広東省広州市で、ある女性が代理店を通して申請した日本旅行用のビザに、見知らぬ人の写真が貼られて戻ってくるという騒動が起こった。
中国広東省広州市で、ある女性が代理店を通して申請した日本旅行用のビザに、見知らぬ人の写真が貼られて戻ってくるという騒動が起こった。25日、中国紙・羊城晩報が報じた。

先日、中国政府により労働節(メーデー)が4連休に拡大されたことを受け、広州に住む王(ワン)さんは夫との日本旅行を計画した。王さんは4月初旬に旅行アプリ「Fliggy(フリギー)」内の検索でトップに出てきた「広州市太易国際旅行社」(以下「太易」)に3年間有効なビザの取得代行サービスを注文した。証明写真が求められ、王さんはアプリで「写真プリントサービス」を追加購入して自分の写真データを送ったが、20日に届いたビザを見てみると、名前やパスポート番号は自分のものなのに写真だけが見知らぬ他人のものになっていたという。

「これでは入国審査に通らない」と王さんはすぐにFliggyのカスタマーサービスに問い合わせた。すると、「これは領事館側のミスですが、ビザを送り返してもらえればそこから2、3日以内に修正済のビザをお送りします」と返答があった。しかし、王さんが22日にビザを送付したところ「ビザは修正ではなく改めて申請することになりました。おそらく30日にはお届けできます」と通知された。王さんは「5月1日の朝の便に乗らないといけないのに、『おそらく30日に届く』と言われても不安だ」と焦りをあらわにした。

王さんは続いて在広州日本国総領事館に直接問い合わせた。すると、領事館は「こちらでは1人分ずつ資料を管理しているので間違えることはない」とし、さらに「太易という代理店は領事館が指定するリストに載っていない」と返答。太易はFliggyアプリ上では「日本ビザ代行申請件数は月4300件。これまで10万件以上の実績」と紹介されており、王さんの友人にも以前、同社を利用してビザの発行を受けた人がいた。

羊城晩報の取材によると、領事館の旅行管理責任者はこのような件は以前もあったが、領事館側に責任はないとの考えを示し、「われわれは旅行代理店に、申請者自身が個人情報を記入し裏に記名した写真を貼った、不備のない資料を提出するよう求めている」と答えたという。

王さんは、「もう日本行きの航空券もホテルも予約してある。もし旅行計画が台無しになったら、損害を賠償してもらいたい」としているが、太易の馮(フォン)マネージャーは「日本ビザの発行プロセスはいくつかあり、どの段階で問題が発生したかは特定しづらい」「賠償については、まだ申請書の不備が当社のミスによるものかどうかはっきりしていないのでなんとも言えない。王さんのビザに貼られていた写真の女性からの問い合わせがないことからも、当社よりあとのプロセスで手違いがあったと考えられる」とした。また領事館の指定リストに載っていない件に関しては「われわれは領事館指定の代理店と協力してビザ申請手続きを行っている」と説明した。(翻訳・編集/岩谷)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • kan***** | (2019/04/27 18:51)

    結局、中国では「代理」とやらに任せるから後で痛い目に遭う・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2019/04/26 17:49)

    日本に嫌がらせの記事を書いてんのかい? 中国の代理店は勿論、日本領事館も中国人が事務処理しているのだろう。 この程度の間違いは、中国では日常茶飯事だ。 もしこれが中国の行政が相手であれば、全くどうにもならないこと、請け合いだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ただの***** | (2019/04/26 17:34)

    中国ではさまざまな手続で「代理店」が大活躍していますね。先日も「自動車保険」を扱う「代理店」をめぐって騒動があったとの報道が中国であったばかりです。このビザの件も氷山の一角でしょう。泣き寝入りを強いられている人も相当いるはずです。仮にこの「代理店」が騙したのだとすれば,この「代理店」が道徳的に悪いのはもちろんですが,自分が旅行するための大事な手続を,しかも自分の大事な個人情報をこのようにたやすく怪しげな「代理店」に渡してしまう消費者も愚かだと言わざるを得ません。でも,せっかくの日本旅行がこのようなことで台無しになっては気の毒です。せめて中国の公的機関が「人民のため」に積極的に動いてくれることを願います。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事