【募集中】韓国語社内スタッフ

中国のアニメ・漫画はいつになったら日本を超えるのか?―中国メディア

配信日時:2019年4月28日(日) 0時20分
中国のアニメ・漫画はいつになったら日本を超えるのか?―中国メディア
画像ID  1086975
25日、重慶晨報は、「中国のアニメと漫画はいつになったら日本を超えるのか?」と題する記事を掲載した。資料写真。
2019年4月25日、重慶晨報は、「中国のアニメ・漫画はいつになったら日本を超えるのか?」と題する記事を掲載した。

記事は、「アニメ・漫画は、通常ユーモアや冗談の方法で主な意味を伝え、普通は非常に分かりやすく、多くの人が楽しむことができるため、商業的な価値が非常に高い。制作過程は非常に煩雑ではあるが、完成品の市場は幅広い」と紹介。「人類の発展の歴史を見ると、アニメ・漫画は文化や文明を明らかに示すものとなっており、人類の優秀な精神の質を反映している」と論じた。

その上で、「現在では、日本と米国のアニメ・漫画がトップクラスである」と分析。日本はアニメ・漫画の種類が非常に多く、米国にはディズニーの「くまのプーさん」や「バンビ」などの著名な作品があると紹介したが、「日本のアニメ・漫画の方が突出している。アニメ・漫画は、日本民族独特の文化伝達方法となった」と分析した。

記事によると、アニメ・漫画は中国でも非常に流行しており、主流文化になりつつあるという。しかし、「わが国のアニメ・漫画のレベルは日本とまだ比較的大きな差がある。われわれは日本からアニメ・漫画の神髄を学んで、徐々にわれわれ自身に属する高品質な作品を作り出す必要がある。わが国のアニメ・漫画は、ストーリー展開とアニメーションの効果の面で発展できるようさらなる努力を払い、日本と米国の制作方法から学ぶべきだ」と記事は論じた。

最後に記事は、「より良いアニメが上映され、わが国のアニメ・漫画がより高いレベルへと上がっていくことを期待している。その時には、アニメ・漫画愛好者は、外国人に対して『これがわれわれ中国のアニメ・漫画だ!』と誇らしげに言うことができるだろう。そして外国で中国アニメが流行するようになっているに違いない」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 色は匂***** | (2019/04/28 11:32)

    制作テーマに制限がなくなり、独自の文化を独特の表現で描き出すことができるようになったら可能性はあるかな。 量的にはすぐにも超えることができるだろうけどね。 風刺的な内容さえ制限されるようではね・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2019/04/28 07:49)

    漫画を舐めるなよ^^鳥獣戯画から北斎漫画まで歴史が有ってこその文化なのだ。^^
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/04/28 07:18)

    プロパガンダしか作らせないんだから無理でしょ 想像力が欠如し独創性が無いのもだけど 何より画風が古臭過ぎるか日本の丸パクリかの二択しか無いんだから終わってますよ そして市場が成熟してないんだから無理 特定の人間だけが儲けれる状態で人材の育成も出来ずで何が出来るの? それに日本がどれだけの時間を掛けて来たと思ってんの? 海外で日本のアニメの評価が高いと知られるまで 悪意あるマスコミの偏向報道や扇動に踊らされた一般人から どれだけ白い目で見られ続けて来た事か そんな悪意に晒され一度何かしらの事件が起きた時の捏造振りは宮崎勤事件を見ればよーくわかるよね そんな環境の中でも良いものを作りたいという 製作者の思いがどれほどの物だったのかお前らに理解出る? それだけの熱量をもってアニメを作れる人なんて中国人に居ますか?
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事