Record China

ヘッドライン:

美容整形ツアー参加の中国人が急増、売り上げの半数を占める―韓国

配信日時:2013年3月23日(土) 9時20分
拡大
21日、韓国・ソウルにある「美容整形街」の整形医院の売り上げの約半分が中国人によるものだという。写真は狎鴎亭洞の整形医院。
(1/8枚)

2013年3月21日、韓国紙・中央日報によると、韓国・ソウルにある「美容整形街」の整形医院の売り上げの約半分が中国人によるものだという。中国広播網が伝えた。

その他の写真

美容整形など医療目的で韓国を訪れる中国人観光客が激増している。在中国韓国大使館のデータによると、メディカルツーリズム(医療観光)で昨年韓国を訪れた中国人観光客は前年比約77%増の2万〜3万人に達している。

ソウル市江南区の地下鉄3号線沿線の狎鴎亭洞や新沙洞には美容整形医院が密集し、「美容整形街」を形成している。近年、ここを訪れる中国人観光客が急増し、受け入れ側の韓国では美容整形ツアー専門の仲介業者も出現している。

ある仲介業者は「この地区でサングラスを掛けたり、包帯を巻いたままショッピングをしているのはほとんどが中国人観光客」と断言する。また、整形を終えた中国人観光客が出国する際、パスポートの写真と本人の顔が似ても似つかないため、出国審査官が本人確認に手間取るケースが多く、問題になっていたとも話す。このため、韓国政府当局は、美容整形ツアーに参加した中国人観光客が帰国する際には、美容整形医院が発行した整形前と後の本人の写真と証明書を持参しなければならないとの規則を定めたという。

韓国政府は現在、美容整形客のメディカルツーリズムに対する貢献度が非常に大きいことを重視し、通訳や食事、観光、宿泊施設などの分野で積極的なサービスを展開している。しかし、医療事故に対する対応など、美容整形ツアー参加者が最も関心を示す部分については、依然として手付かずの状態になっている。患者と医院がお互いに責任をなすりつけあうなど複雑な問題が絡んでいるからだ。不法な仲介業者の出現により、問題がより一層複雑になっているケースもあり、医院だけでなく仲介業者の選択にも注意するよう当局は呼びかけている。

いずれにせよ、美容整形ツアー参加の中国人観光客は韓国の美容整形業界とその関連業界にとって最大のお得意様になっており、いかにもてなすかが業界の大きな課題となっている。(翻訳・編集/HA)

関連記事

ランキング