Record China

ヘッドライン:

中国で各国艦船が一般公開=「細やか」な日本に対し、韓国は…―中国紙

配信日時:2019年4月25日(木) 17時20分
拡大
25日、中国紙・環球時報は、中国海軍創設70周年記念活動として中国および外国の艦船が一般公開され、特に日本の護衛艦「すずつき」について「さまざまな細やかさが目を引いた」と高く評価した。写真は記事より。
(1/2枚)

2019年4月25日、中国紙・環球時報は、中国海軍創設70周年記念活動として中国および外国の艦船が一般公開され、特に日本の護衛艦「すずつき」について「さまざまな細やかさが目を引いた」と高く評価した。

その他の写真

23日の海上観艦式に続いて24日に各国戦艦の一般公開が行われ、青島港では日本、韓国、インドの艦艇の前に長蛇の列ができた。中でも「すずつき」の人気が高かったといい、黒い制服を着た海上自衛隊員が甲板上で「見学される方が多いので、見学のペースを上げてください」と呼びかけていたという。

また、「日本はこの日のために韓国やインドよりも細やかな準備をしてきたことが見受けられる」と説明。「すずつき」の重要な部位のすべてに説明ボードが掲げられており、速射砲や垂直発射系統の説明ボードでは、1分間の発射数や有効射程などの情報や、装置の具体的な寸法データ、平面図などが紹介されていたという。

さらに、「日本の艦艇は外観がより専門化、現代化されていて、より実践に近い形で展示されていた。それは、甲板に展示されていた消防設備の配備数から見て取れる。甲板には救命胴衣や各種ロープ、浮き輪、消防施設、安全ネットが完備されており、説明書きも分かりやすく、利用しやすい状態になっていた。安全対策もしっかりしており、甲板の欄干には『危険、近づくな』といった注意書きが提示されていた。日本の艦船管理における現代化レベルの高さ、そして細やかさが表れていた」と評している。

記事はまた、新型護衛艦「京畿」を公開した韓国について、「見学者への配慮が感じられた。1人1人にカラーの説明書きを配布したほか、親子連れに対しては艦艇のジグソーパズルを中国語混じりで渡すサービスも見られた」と伝えた。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

観艦式参加の日本護衛艦、艦番号が中国駆逐艦と一緒なのは偶然か?―中国メディア

21日、中国メディアの央広軍事は、中国海軍創設70周年を記念して23日に開かれる国際観艦式に参加するため山東省青島に入港した海上自衛隊の護衛艦「すずつき」について、「艦番号が中国の『西寧』と一緒なのは偶然か」とする記事を掲載した。写真は「すずつき」。

Record China
2019年4月22日 14時30分
続きを読む

中国海軍創設70周年、国際観艦式に日本含む10数カ国から艦艇約20隻参加、関連行事には60カ国以上の海軍代表団が参加―中国メディア

20日、中国海軍の邱延鵬副司令官は記者会見で、中国海軍創設70周年を記念する国際観艦式に、外国からロシアやタイ、ベトナム、インドなど10数カ国の艦艇約20隻が参加すると明らかにした。この中には護衛艦を派遣する日本も含まれる。資料写真。

Record China
2019年4月21日 17時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング