ソウルの観光名所になるはずが…「ソウル路7017」の訪問者が激減した理由は?

配信日時:2019年4月25日(木) 23時40分
ソウルの観光名所になるはずが…「ソウル路7017」の訪問者が激減した理由は?
画像ID  1086479
24日、韓国・朝鮮日報は、ソウルを代表する名所になると期待されたソウル駅空中庭園「ソウル路7017」が来月20日でオープン2周年を迎えるが、訪れる市民は激減していると伝えた。写真は「ソウル路7017」からの眺め。
2019年4月24日、韓国・朝鮮日報は、ソウルを代表する名所になると期待されたソウル駅空中庭園「ソウル路7017」が来月20日でオープン2周年を迎えるが、訪れる市民は激減していると伝えた。

ソウル駅の東西を結ぶ「ソウル駅高架車道」が老朽化による安全問題などから補修され、全長1024メートルの「ソウル路7017」として生まれ変わった。事業費として600億ウォン(約58億円)が投じられたという。

ソウル市によると、2017年の訪問者数は741万4591人だったが、翌年には約6%減少した。1日平均訪問者数は、2017年は3万2954人だったが、翌年は1万9062人と42%減少した。市関係者は「オープン初年度に比べ関心が薄れるのは当然のこと。最近は大気汚染問題で、市民の外出が急減したことも影響している」と説明している。

一方、記事は「市民は市の管理・対策に不満を抱いている」と伝えている。ソウル路はコンクリート製で、夏日には真夏のような厳しい暑さとなるが、日差しを避けられる施設などが絶対的に少ないことが当初から指摘されていた。しかし2年経つ現在も特に対策は取られていないという。市は来月から日除けの設置を計画しているが、「訪問者への配慮が足りない」との声が出ている。昨年にはオープン時から営業していたカフェ3店舗が一度に閉店したほか、バリアフリーの配慮も行き届いていないと指摘されているという。

また、ソウル路のオープンで周辺地域の経済活性化も期待されたが、地元住民は「効果は微々たるもの」と話しているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「はっきり言って失敗作。ただ花壇を並べただけ」「冬は寒いから誰も行かない、夏は日陰がないから誰も行かない」「朴元淳(パク・ウォンスン、ソウル市長)の税金無駄遣い」「600億もの税金を使ってくだらないことを」「ソウル市民の血税で何をした?市長、答えてくださいよ」「高架がなくなって、通行にものすごく時間がかかるようになった。余計なことをしてくれた。撤去すればよかっただけなのに、庭園なんてなぜ作ったのか」「李明博(イ・ミョンバク元大統領)の清渓川復元に張り合おうと頭を使った結果が、この程度」など、事業を行ったソウル市長への批判の声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事