Record China

ヘッドライン:

「投資王」孫正義氏、ビットコインで145億円損失か=中国ネット「親近感湧く」

配信日時:2019年4月24日(水) 15時50分
拡大
24日、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が、仮想通貨「ビットコイン」に個人的に投資し、145億円余りの損失を出したことが明らかになったと報じられ、中国でも注目を集めている。写真は孫氏。

2019年4月24日、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が、仮想通貨「ビットコイン」に個人的に投資し、1億3000万ドル(約145億円)余りの損失を出したことが明らかになったと報じられ、中国でも注目を集めている。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルがこのほど、複数の関係者の話として伝えたもので、孫氏は、ビットコイン投資家として著名な人物の勧めで投資したという。

これについて、中国メディアの新浪財経は「『投資王』と呼ばれる孫氏でも失敗する」と伝えている。

中国のSNS上では「孫さんにとってみれば、これくらいの損失はどうってことないでしょ」「最大の『養分』の一人」「アリババのジャック・マー(馬雲)氏に会って5分で出資を決めたという逸話を持つ孫さんでも失敗することがあるのね」「親近感湧く」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「こんなバカな国はない」と孫正義氏が名指しで批判したのは?=中国ネットは「そんなことはない!」の大合唱

19日、新京報の微博アカウントは、日本のIT大手・ソフトバンクの孫正義社長が「こんなバカな国はない」と日本政府を批判したと報じた。写真は15年6月、アリババ、フォックスコンと業務提携を発表した孫正義氏(中央)。

Record China
2018年7月20日 12時50分
続きを読む

「株の神様」と言われた副省長2人、いずれもインサイダー取引で10億円単位の利益―安徽省

澎湃新聞は27日、「株の神様」と呼ばれた安徽省の元副省長ふたりが、実際には地位を利用したインサイダー取引で巨額の利益を上げていたと紹介する記事を掲載した。写真1枚目は法廷に立つ周春雨被告、2枚目は陳樹隆被告で、いずれも同省元副省長。

Record China
2018年10月28日 21時30分
続きを読む

アリババ世界最大上場、創業者マー氏が中国一の富豪に=孫正義氏にも巨万の富転がり込む―中国メディア

19日、中国の電子商取引最大手、アリババ集団のニューヨーク証券取引所(NYSE)上場に伴い、創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が総資産219億ドル(約2兆3827億円)と中国一の大富豪になる見通しとなった。写真はマー氏。

Record China
2014年9月20日 17時23分
続きを読む

ランキング