中国マラソンにまたスキャンダル!期待の大学生ランナーにドーピング発覚―中国メディア

配信日時:2019年4月24日(水) 14時50分
中国マラソンにまた醜聞!期待の大学生ランナーにドーピング発覚
画像ID  1086390
23日、中国メディア・環球網は東京五輪の選手候補として有望視されていた北京の大学生マラソン選手にドーピングが発覚したことを報じた。
中国メディア・環球網は23日、東京五輪の選手候補として有望視されていた北京の大学生マラソン選手にドーピング検査で陽性反応が出たことを報じた。

中国アンチ・ドーピング機構(CHINADA)の22日の報告によると、先日行われたドーピング検査と調査の結果、重慶の陸上競技選手・劉敏(リウ・ミン)から外因性のエリスロポエチン(EPO)が検出されたという。検査結果は2月23日に出たもので、劉敏はもう一方の検体からも陽性反応が出たためドーピングと判断された。北京青年報によると、劉敏は2019年の1月1日に重慶の陸上競技選手として登録されたところで、現在、北京石油化工学院に所属する大学2年生だという。

エリスロポエチンは以前注目されていたアマチュアランナー・李文傑(リ・ウェンジエ)からも検出されたことがある、ドーピング剤として有名な造血ホルモンで、ヒトの血液中の赤血球の量を増やし、酸素含有量を増加させる働きがある。スポーツ界では血中のエリスロポエチンを人為的に増加させると、選手の運動能力と持久力の向上に一定の効果があるとされている。

記事によると、劉敏は15歳の頃から貴州省でマラソンの練習を始め、学業と並行して中国各地のマラソン大会に参加してきた。17年に陸上競技の伝統強豪校である北京石油化工学院に入学し、18年の北京マラソンでは2時間43分37秒の記録を残していた。国家体育総局が一般のマラソンランナーを対象に男女1人ずつの東京五輪出場選手を選抜する「五輪に出ようキャンペーン」でも有力選手とみられており、以前インタビューを受けた際も「成績を上げて20年には中国代表として五輪に参加したい」と話していたという。

近年、中国ではマラソンがブームになっているが、江蘇省で行われたマラソン大会であるランナーがレース中にシェア自転車に乗ったことで処分を受けたり、ボストンマラソンの出場資格を得るために中国人ランナーが参加資格となる記録を偽造したりする事件が物議を醸していた。他にも、数々の大会でランナーによるゼッケン偽造やコースのショートカット、替え玉などといったトラブルが多発し、問題になっている。(翻訳・編集/岩谷)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 秀野荘***** | (2019/04/25 11:00)

    ナイキの例の靴だって半分ドーピングみたいなもんだから、健康食品の人体実験ってことで、別にいいんじゃないですか!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 心配性***** | (2019/04/24 20:20)

    いや~、中国のレクレーションマラソンは想像を絶しておもしろいじゃないですか。いろんな参加手段が出て来てこの次は何をしてくれるのか実に楽しみです。まあ、国内のレクレーションなんですから何をしたっていいんじゃないの、楽しいんだろうから。 レクレーションマラソンとスポーツマラソンは本質的に別ですからね。でも今回のは本当の不正みたいですね。まあレクレーションだったと思えばいいでしょう、どうせ五輪なんかには出てこないでしょうから。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/04/24 15:49)

    「中国人選手を見たら不正を疑え」ってことですね。 東京五輪では中国人選手を除外できる決まりを作るべきだと思います。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事