旅行者は日本で何を感じたのか?―中国メディア

配信日時:2019年4月25日(木) 20時0分
旅行者は日本で何を感じたのか?―中国メディア
画像ID  1086352
23日、日本関連の情報を主に発信している中国のあるセルフメディアは、日本を旅したり日本に住んだりしている読者から寄せられた「日本で感じたこと」を紹介している。写真は東京・浅草。
2019年4月23日、日本関連の情報を主に発信している中国のあるセルフメディアは、日本を旅したり日本に住んだりしている読者から寄せられた「日本で感じたこと」を紹介している。

記事が最初に紹介したのは、「日本暮らしが長い」ある男性のアルバイト先でのエピソードだ。

それによると、この男性のバイト先に新人が入ってきた。新人は不慣れで緊張のあまりコップを落として割ってしまった。新人がびくびくしながら謝ったところ、その店の責任者が最初に発した言葉は「けがしなかった?」。男性は「その瞬間、心が温かくなった」と話しているという。

記事は続いて、旅行で日本を訪れた人たちから、「街を歩いていて、かばんを盗まれたりしないかと緊張しないで済む。スマホをズボンのポケットに入れていても、かばんのファスナーを閉め忘れても、全然問題ない」「複雑すぎる駅構内でホームまでの行き方が分からなくなり、近くを忙しそうに歩いていた日本人女性に思い切って尋ねてみた。するとその女性はわざわざ私の手を引いてホームまで連れて行ってくれた」などの体験談が寄せられていることを紹介。「これらはそれぞれの旅行者にとって偶然の出会いだが、その国やその国の人々に対する印象を必然的に形成することになる」と結んでいる。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2019/05/05 02:22)

    日本人は、他人に無関心で情が薄いと思われているが、本当はかなり気にしている。 日本語で言う「おせっかい」だと思われたくないから聞かれるまで関わらない様にしている。 自分達で初めての日本旅行を楽しんでいるのに、日本人が勝手に近付いて来て、この線を通れって言ったらつまらなくなる。 だから困りながら探険するかのように旅行する事を味わってほしい。 だが日本国内で困ったら誰でも良いから困っているという事を言って欲しい、即座に日本人が集まって来て解決してくれるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事