ブタの死骸大量投棄事件、水質は問題ないとする専門家に「では泳げますか?」と新華社が反撃―中国

Record China    2013年3月21日(木) 20時18分

拡大

20日、中国・上海市の黄浦江で起きたブタの死骸大量投棄事件に対し、農業専門家は、「今回の事件は、プールに数匹のハエが見つかったと同じような事。いい気はしないが、水質に問題はない」と発言した。写真は13日、上海市で行われたブタの死骸処理。

(1 / 2 枚)

2013年3月20日、中国・上海市の黄浦江で起きたブタの死骸大量投棄事件に対し、農業専門家は、「今回の事件は、プールに数匹のハエが見つかったと同じような事。いい気はしないが、水質に問題はない」と発言した。京華時報が伝えた。

その他の写真

今月10日に上海市でブタの死骸が大量に見つかったと中国メディアが報道して以来、現地住民のみならず、多方面から関心が集まっている。住民は大量のブタの死骸に水質汚染を心配しているが、上海市の水道局はブタの死骸による水道水への影響はないとしている。

一方、水質に問題ないと発言した農業専門家に対し、新華社通信は「上海市の黄浦江からすでに8000頭あまりのブタの死骸が回収されたが、プールに8000匹のハエがいたら、あなたはそこで泳げますか?」と切り返した。これに対し匿名希望の農業専門家は、「常識や良識が無いのはいけない」と言葉を濁し、泳げるかどうかについては答えなかった。(翻訳・編集/内山

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携