Record China

ヘッドライン:

中国「一帯一路」、13~18年の中国企業による沿線諸国への直接投資額10兆円超、125カ国と協力文書―米華字メディア

配信日時:2019年4月23日(火) 18時50分
拡大
22日、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」が提唱された13年から18年までの沿線諸国に対する中国企業による直接投資額は900億ドル(約10兆円)を上回ったという。資料写真。

2019年4月22日、米華字メディアの多維新聞は、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」に関する第2回国際協力サミットフォーラムが25日から3日間日北京で開かれるのを前に配布された冊子によると、同構想が提唱された13年から18年までの一帯一路沿線諸国に対する中国企業による直接投資額は900億ドル(約10兆円)を上回ったと報じた。

中国メディアの毎日経済新聞の報道を引用して伝えたもので、同冊子によると、中国政府は今年3月末までに、125カ国、29の国際組織との間で計173の協力文書を結んだ。

13~18年の一帯一路沿線諸国に対する中国企業による直接投資額は900億ドルを上回り、沿線諸国からの対中直接投資額も400億ドル(約4兆4700億円)を上回った。中国と沿線諸国との貨物輸出入総額も6兆ドル(約671兆円)を上回ったという。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「一帯一路」、6年間の歩み

「『一帯一路』(the Belt and Road)共同建設と素晴らしい未来の開拓」をテーマとする第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラム4月25日から27日まで、北京で開催される。

人民網日本語版
2019年4月16日 16時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング