【募集中】韓国語社内スタッフ

中国「一帯一路」、13~18年の中国企業による沿線諸国への直接投資額10兆円超、125カ国と協力文書―米華字メディア

配信日時:2019年4月23日(火) 18時50分
中国「一帯一路」、13~18年の沿線諸国への直接投資額10兆円超
画像ID  1086092
22日、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」が提唱された13年から18年までの沿線諸国に対する中国企業による直接投資額は900億ドル(約10兆円)を上回ったという。資料写真。
2019年4月22日、米華字メディアの多維新聞は、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」に関する第2回国際協力サミットフォーラムが25日から3日間日北京で開かれるのを前に配布された冊子によると、同構想が提唱された13年から18年までの一帯一路沿線諸国に対する中国企業による直接投資額は900億ドル(約10兆円)を上回ったと報じた。

中国メディアの毎日経済新聞の報道を引用して伝えたもので、同冊子によると、中国政府は今年3月末までに、125カ国、29の国際組織との間で計173の協力文書を結んだ。

13~18年の一帯一路沿線諸国に対する中国企業による直接投資額は900億ドルを上回り、沿線諸国からの対中直接投資額も400億ドル(約4兆4700億円)を上回った。中国と沿線諸国との貨物輸出入総額も6兆ドル(約671兆円)を上回ったという。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2019/04/23 19:30)

    中国もそろそろ資金切れだ。金の切れ目は縁の切れ目。 一帯一路では金に飽かして他国を取り込んできたが、中国の国際収支はそろそろ赤字になりかねない状態だ。どの国も中国に好意を感じて中国に近づいたのではなく、賄賂や融資をあてにしただけだから、金の切れ目は縁の切れ目になる。 投資効率や返済可能性を無視して投資してきたため、今後は悲惨な一帯末路になるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事