中国「一帯一路」、13~18年の中国企業による沿線諸国への直接投資額10兆円超、125カ国と協力文書―米華字メディア

Record China    2019年4月23日(火) 18時50分

拡大

22日、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」が提唱された13年から18年までの沿線諸国に対する中国企業による直接投資額は900億ドル(約10兆円)を上回ったという。資料写真。

2019年4月22日、米華字メディアの多維新聞は、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」に関する第2回国際協力サミットフォーラムが25日から3日間日北京で開かれるのを前に配布された冊子によると、同構想が提唱された13年から18年までの一帯一路沿線諸国に対する中国企業による直接投資額は900億ドル(約10兆円)を上回ったと報じた。

中国メディアの毎日経済新聞の報道を引用して伝えたもので、同冊子によると、中国政府は今年3月末までに、125カ国、29の国際組織との間で計173の協力文書を結んだ。

13~18年の一帯一路沿線諸国に対する中国企業による直接投資額は900億ドルを上回り、沿線諸国からの対中直接投資額も400億ドル(約4兆4700億円)を上回った。中国と沿線諸国との貨物輸出入総額も6兆ドル(約671兆円)を上回ったという。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

「一帯一路」、6年間の歩み

人民網日本語版

2019/4/16

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携