Record China

ヘッドライン:

「韓国政府は重要な日韓関係を放置」哨戒機問題再熱に、韓国で懸念の声

配信日時:2019年4月23日(火) 22時20分
拡大
23日、韓国・朝鮮日報は「日米は密着、日中は和解しているのに…日韓はまた哨戒機で対立」と題する記事を掲載した。写真は韓国外交部。

2019年4月23日、韓国・朝鮮日報は「日米は密着、日中は和解しているのに…日韓はまた哨戒機で対立」と題する記事を掲載した。

記事は日韓関係について「昨年10月から、元徴用工判決、慰安婦財団の解散発表、哨戒機レーダー照射などの問題などが相次いで発生している。今年に入ってからも、韓国国会議長が『天皇が慰安婦問題を謝罪しなければならない』と発言したり、麻生太郎副首相が元徴用工判決への経済的報復措置に言及したりするなどの問題が発生した」と説明している。さらに「収束に向かっているとされていたレーダー照射問題も再熱し、日韓の対立はさらに深刻化する懸念がある」と伝えている。

韓国の外交専門家らは、現在の日韓関係の最大の問題として「両国の政府や政治家に解決の意志が見られないこと」を挙げているという。ある専門家は「韓国政府は日韓関係の重要さを知りつつも世論などを意識して放置している」と指摘した。さらに「日韓の対立は実務者レベルの協議で解決できない段階にまで大きくなっているが、両国の指導者らは感情的な発言をして対立を政治に利用している」と指摘する声も出ているという。

また、記事は「日韓の対立が日米韓の協力弱化につながるかもしれない」とし、「米国の政府や議会は日米韓協力の強化を繰り返し強調しているため、日韓の対立が拡大すれば韓国に対する信頼まで弱化する可能性がある」と指摘。さらに「北朝鮮と日本が最近、積極的に北東アジアでの外交戦を繰り広げている中で、韓国だけが仲間外れになる懸念がある」と懸念している。日本は安倍晋三首相が26日に訪米してトランプ大統領と首脳会談を行い、23日には中国の観艦式に旭日旗を掲げた護衛艦を派遣する。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は24~25日にプーチン大統領と首脳会談を行う予定で、中朝露の連携を強化している。

これに韓国のネットユーザーからも「韓国は孤立した。北朝鮮が核で挑発してきたら打つ手がない」「現政権の外交は大失敗」「北朝鮮に石油をあげたことがばれたから慌てて反日を始めた文政権。情けない」「文大統領は反日を政治に利用したことを後悔するだろう」など懸念の声が上がっている。

一方で「とはいえ日本の言いなりにはなれない」「日韓間の対立の原因を作っているのはいつも日本なのに。日本が何をしても外交的利益のために耐えろということ?」と反論する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国の元徴用工訴訟、最高裁判決を前に韓国外交部はてんやわんやの大混乱?

30日午後、日本植民地時代に強制労働させられたと主張する韓国の元徴用工らが日本企業を相手に起こした損害賠償訴訟に関する韓国最高裁の判決が言い渡される。韓国・世界日報は、「韓国外交部は判決を前に混乱状態に陥っている」と伝えた。写真は韓国外交部。

Record China
2018年10月30日 12時0分
続きを読む

ランキング