Record China

ヘッドライン:

漂流する豚の死体数、政府発表は“嘘っぱち”=「実は数万頭」と漁師らが証言―中国

配信日時:2013年3月20日(水) 15時30分
拡大
19日、中国・人民日報(電子版)は「『豚の死体数は捏造』と浙江省嘉興市の船乗り=すでに数万頭が埋められた」と題した記事を報じた。上海市・黄浦江を大量の豚の死体が漂流していることが話題となっている。写真は2009年、嘉興市。川に捨てられた豚の死体の回収。
(1/6枚)

2013年3月19日、中国・人民日報(電子版)は「『豚の死体数は捏造』と浙江省嘉興市の船乗り=すでに数万頭が埋められた」と題した記事を報じた。

その他の写真

上海市を流れる黄浦江に多数の豚の死体が漂流している件が注目を集めている。上海市政府が回収した死体はすでに1万3000頭を越えた。しかも、上海市だけではなく上流の自治体でも多数の死体が回収されている。養豚業が盛んで、漂流する死体の発生源と目されているのが上海南部の浙江省嘉興市。15日、同市政府は「この1週間で3601頭の死体を回収した」と発表した。

しかし、現地の船乗りは「発表は明らかに捏造」と証言する。養豚農家が多い新豊鎮などの地域では川に豚の死体や糞便を廃棄する行為が以前から常態化していた。河川は汚染され魚が消え、魚ではなく豚の死体を回収することを仕事とする漁師も多い。政府は川辺に大きな穴を掘り、死体を集めているが、その数は数万頭に達するはずだと話している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ブタの死骸大量投棄事件、嘉興市の村役場は「回収は無料で投棄はありえない」と説明―中国メディア

12日、中国・上海市黄浦江の上流で大量のブタの死骸が見つかった事件で、死骸の一部に浙江省嘉興市の目印があったことから投棄元が嘉興市である可能性が疑われている。新民ネットはこのほど、浙江省嘉興市の竹林村に取材し、現地の情況を伝えた。

Record China
2013年3月13日 15時16分
続きを読む

上海のブタ死骸大量投棄事件、当局関係者「死因は豚コレラでなく凍死」―浙江省嘉興市

11日、上海市を流れる黄浦江の上流で大量のブタの死骸が見つかった事件に関し、死骸の投棄元とみられる浙江省嘉興市の当局関係者は、ブタが死亡した原因は豚コレラではなく、凍死であるとの見方を発表した。写真は嘉興市の川に投棄されたブタの死骸。

Record China
2013年3月12日 11時41分
続きを読む

突然、900頭のブタの死骸、黄浦江をプカプカ流れる!「飲料水の汚染」今のところない―上海市

10日、新民報は黄浦江の上海市松江区流域で、900頭あまりの豚の死体が川に浮かんでいるのが発見されたと報じた。市政府は必要な対策をとることを決議。現時点で水質汚染などは確認されていないという。写真はブタの死体引き上げ。

Record China
2013年3月11日 9時57分
続きを読む

ランキング