韓国に圧力?中国が日本を無視?中国観艦式で「旭日旗」掲げた日本にさまざまな反応

配信日時:2019年4月22日(月) 19時10分
韓国に圧力?中国が日本を無視?中国観艦式で「旭日旗」掲げた日本にさまざまな反応
画像ID  1085807
22日、韓国・ヘラルド経済は、23日に国際観艦式が行われる中国・青島港に日本の艦艇が旭日旗を掲げて入港したことをめぐり、さまざまな分析がされていると報じた。写真は旭日旗。
2019年4月22日、韓国・ヘラルド経済は、23日に国際観艦式が行われる中国・青島港に日本の艦艇が旭日旗を掲げて入港したことをめぐり、さまざまな分析がされていると報じた。

海上自衛隊の護衛艦「すずつき」は21日、観艦式に参加するため青島港に入港した。海上自衛隊の艦艇が中国を訪れたのは約7年ぶりのこと。

日本の艦艇は昨年10月に韓国の済州島で行われた国際観艦式にも参加する予定だったが、韓国海軍が旭日旗の掲揚を問題視したため実現しなかった。当時、韓国は自国の国旗と韓国の国旗を掲揚するよう要請したが、日本は「日章旗と海上自衛隊の旗(旭日旗)を両方掲げるのが規則」として拒否していた。

記事によると、日本が今回の観艦式に旭日旗を掲げて参加した目的について、香港メディアの明報は「日中関係を1ランクアップさせること、旭日旗に対する反感を和らげること、韓国に圧力を掛けることの一石三鳥を狙ったもの」と分析した。

一方、中国当局が旭日旗について言及しなかったことについて「旭日旗を容認したためではない」との解釈も出ているという。韓国・慶熙大学のカン・ヒョベク教授は「反日感情の強い習近平(シー・ジンピン)国家主席の就任後、中国の反日感情は非常に高まった」とし、「中国国民も日本帝国の蛮行を今でも覚えているため、中国の旭日旗へ対する反感も相当なもの」と説明。その上で「過去の観艦式でも日本の艦艇が旭日旗を掲げて入港したことがあるため今回も認めたのであって、中国が日本の旭日旗を無視したものと考えるべきだ」と主張した。国立外交院のイ・サンスク教授は「現在は日中関係が悪くないため、中国当局もあえて旭日旗を問題視しなかったようだ」と話したという。

これに、韓国のネットユーザーからは「なぜ中国は旭日旗を禁止しない?」と不満げな声も上がっているものの、「旭日旗はただの海軍旗」「なぜ今さら?これまでは旭日旗なんて気にも留めていなかったのに」「つらい歴史はあるけど、旭日旗も一国の海軍旗なら韓国がとやかく言うことじゃない」など意外にもクールな反応が多く寄せられている。

その他にも「旭日旗に反対しているのは韓国だけ」「日韓が最近、旭日旗で対立していたことを中国が知らないはずはない。旭日旗を問題視するのは韓国と中国だけだったが、ついに中国も気にしなくなったんだ」「日本はずっと前から旭日旗を掲げて世界中を訪問しているけど、それに文句を言った国はない。韓国が反日感情をあおるために利用しているだけ」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 13

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事