<コラム>反日暴動から7年、日中友好で植樹した桜は立派に成長した

配信日時:2019年4月24日(水) 21時20分
<コラム>反日暴動から7年、日中友好で植樹した桜は立派に成長した
画像ID  1085790
蘇州市高新区外事弁公室の元主任「潘小江」氏から、“今年も大きくなりました。綺麗なソメイヨシノが咲きました”と写真を添えたメールが届いた。
蘇州市高新区外事弁公室の元主任「潘小江」氏から、“今年も大きくなりました。綺麗なソメイヨシノが咲きました”と写真を添えたメールが届いた(写真1と2)。

その他の写真

2012年9月初、当時の野田首相が発令した「尖閣諸島の取得所有」に対し、マスコミが「国有化」と報じた事から中国各地で反日運動が勃発、日系自動車メーカー販売店や日系デパートなどが暴徒に襲われる事件が起こった。特に長沙平和堂、青島ジャスコ黄島店、蘇州イズミヤなどが大きな被害を受けた。ここ蘇州でも9月15日(土)の午後3時頃から、蘇州市高新区にある日本人街と呼ばれる日本料理屋・スナックなどが暴徒に襲われ、その勢いで近くの日系企業、そして開店営業早々のイズミヤ(泉屋)百貨店が被害にあった(写真3)。

2012年は日中国交正常化40年にあたり、多くの記念事業が中国各地で予定されていたが、9月15日の事件以降、すべてが中断された。その後、日系企業では中国一極集中化を反省し、チャイナプラスワンと称してアセアン各地の増強進出に中国生産縮小と資本投下の制限が始まった。

2013年に入り、ここ蘇州でも日中友好回復に向けて“蘇州市政府と蘇州日商会で何かできないか”の模索が始まった。そこで計画されたのが、日本桜の植樹を行い中国人・日本人とも楽しめる空間を市内に創成することであった。早々に、蘇州市外事弁公室の徐主任や日本人が一番多く住む高新区の外事弁公室潘主任と数度に渡って打ち合わせを繰り返した。我々日本人側として要望したのは、1.桜はソメイヨシノであること(中国では桜は一般に八重桜)、2.中国人・日本人が多く住みすぐに来れる場所、3.桜は、街路や川に沿って並木状にして、歩きながら参観ができる事であった。

潘主任とは候補の公園を何度も歩き、反日運動の標的にもなったイズミヤの北にある「玉山公園」を最終的に決めた。また、当初政府案であった小山に林のように植える方式でなく、街路の両側や川に沿って周回できるように樹木の配置を決めた。

2013年11月19日に蘇州市政府から周副市長ほか幹部の方を迎え、日本からは当時の在上海総領事の小原雅博(現東京大学法学部教授)氏を迎え友好記念植樹式を行った(写真4)。あれから7年、桜は大きく成長、写真のような満開の桜並木となった。今年も多くの中国人・日本人が集う空間が出来上がった。

■筆者プロフィール:工藤 和直
1953年、宮崎市生まれ。2004年1月より中国江蘇省蘇州市で蘇州住電装有限公司董事総経理として新会社を立上げ、2008年からは住友電装株式会社執行役員兼務。蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、日中友好にも貢献してきた。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事