Record China

ヘッドライン:

観艦式参加の日本護衛艦、艦番号が中国駆逐艦と一緒なのは偶然か?―中国メディア

配信日時:2019年4月22日(月) 14時30分
拡大
21日、中国メディアの央広軍事は、中国海軍創設70周年を記念して23日に開かれる国際観艦式に参加するため山東省青島に入港した海上自衛隊の護衛艦「すずつき」について、「艦番号が中国の『西寧』と一緒なのは偶然か」とする記事を掲載した。写真は「すずつき」。

2019年4月21日、中国メディアの「央広軍事」は、中国海軍創設70周年を記念して23日に開かれる国際観艦式に参加するため山東省青島に入港した海上自衛隊の護衛艦「すずつき」について、「艦番号が中国の駆逐艦『西寧』と一緒なのは偶然か」とする記事を掲載した。

記事はまず、青島に入港した「すずつき」について、「海自艦艇の訪中は2011年12月19日の『きりさめ』以来、約7年半ぶりだ」と紹介した。

そして、「すずつき」の艦番号「117」が、中国海軍の北海艦隊に加わって間もない新型ミサイル駆逐艦「西寧」の艦番号と同じであることについて、「完全に偶然の一致とは言えないかもしれない」と指摘。その理由について、「西寧」の満載排水量は7000トンであるのに対し、「すずつき」は同6800トンと、船体の重量が似通っていることを挙げた。

記事はまた、両艦の艦番号の重複が注目を集めていることについて、「日中関係が安定した発展期にある中、日本側も細かい事柄を通して両国関係の安定や和やかさがより際立つことを望んでいるようだ」とも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国海軍創設70周年、国際観艦式に日本含む10数カ国から艦艇約20隻参加、関連行事には60カ国以上の海軍代表団が参加―中国メディア

20日、中国海軍の邱延鵬副司令官は記者会見で、中国海軍創設70周年を記念する国際観艦式に、外国からロシアやタイ、ベトナム、インドなど10数カ国の艦艇約20隻が参加すると明らかにした。この中には護衛艦を派遣する日本も含まれる。資料写真。

Record China
2019年4月21日 17時20分
続きを読む

中国海軍70周年の観艦式―先頭艦は空母と1万トン級駆逐艦か、新型原潜の披露に関心

中国海軍は4月下旬、成立70周年を祝賀する観艦式などを行う。観艦式では空母「遼寧」と満載排水量が1万3000トン以上とされる055型駆逐艦が先頭艦になるとの見方がある。新型原潜が披露されるかどうかに関心が集まっている。写真は055型駆逐艦。

Record China
2019年4月12日 23時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング