中国人が語る「江戸時代」の影響力―中国メディア

配信日時:2019年4月23日(火) 21時50分
中国人が語る「江戸時代」の影響力―中国メディア
画像ID  1085681
20日、中国メディアの澎湃新聞は、中国人有識者が日本の江戸時代における社会状況やその後の日本に与えた影響について解説した内容を紹介した。
2019年4月20日、中国メディアの澎湃新聞は、中国人有識者が日本の江戸時代における社会状況やその後の日本に与えた影響について解説した内容を紹介した。

記事はまず、徳川幕府が開いた江戸時代について「事実上、戦国時代の分権的な封建制度を打破し、統一的な封建王朝を打ち立てた」と説明。「いわゆる鎖国政策は表面的には禁教となっているが、本質は幕府の統治を強固にするためのもので、当時の情勢からみればやむを得ない措置だった」と評している。

日本研究学者の劉檸(リウ・ニン)氏は「国際社会では江戸時代に対して閉鎖的な印象が持たれているが、実際この時代は非常に市民的、現実的であるとともに快適かつ平和だった」と説明。「鎖国政策はとっていたもののオランダ、朝鮮、中国との貿易の窓口は確保しており、知識層や武士、貴族は中国大陸の状況や国際情勢を把握していた」と紹介した。

また、「幕藩体制を柱とする徳川幕府が270年あまり継続したことで、江戸時代は非常に長い平和な時代となり、将軍のお膝元である江戸では非常に輝かしく、高い文明を持つ都市文化が育まれていき、明治維新の近代化に向けたレールも敷設されていった」とした。さらに、「一般的に、ペリーの黒船来襲が日本の民族主義の形勢に決定的な影響を与えたとされているが、実は、幕末に形成された平等の思想こそが日本民族主義の主要な動力を醸成した」とも述べた。

劉氏はこのほか、教育についても言及。「寺子屋教育は江戸時代における義務教育と言えるものであり、その対象は庶民や貧しい家の子どもたちにまで及んでいた」とし、「寺子屋教育の浸透が明治時代以降の教育制度構築、識字率の向上に大きな役割を果たした」との見方を示した。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2019/04/24 01:58)

    中国人有識者といっても、さっぱりだ。歴史書を眺めて、自己流に解釈しただけ。 江戸から明治にかけての歴史で最も主題になるべきなのは、日本の近代化とは何か、近代化の原動力はどこから生まれたのか、だが、この主題に触れることさえできていない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • RYU***** | (2019/04/23 22:32)

    フランシスコ・ザビエルが見た日本人観を知ると面白いですよ。江戸時代に入る前の日本人のことを事細かにローマへ報告を書き送っています。江戸時代前に既に素質があったということが分かります。 8世紀には「万葉集」を纏めてもいるのだから、元々、素質があったといっても過言ではないのですが。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事