Record China

ヘッドライン:

「日本通」の中国外交部長、日本は「様々な知恵がある」と歓迎―中国メディア

配信日時:2013年3月19日(火) 18時10分
拡大
19日、日本は中国政府の新体制発足に注目している。新外交部長に元駐日大使の王毅氏が就任したとの知らせに、日本政府内で期待が高まっている。写真は2010年海峡両岸企業家関連のイベントに参加する王毅氏。

2013年3月19日、国際金融報によると、日本は中国政府の新体制発足に注目している。ある日本メディアは今月18日、新外交部長(外相)に元駐日大使の王毅(ワン・イー)氏が就任したとの知らせに、日本政府内で期待が高まっていると報じた。菅義偉官房長官も19日、「中国の新指導部と共に、大局に立って、戦略的互恵関係を構築したい」と述べた。

日本側は王氏には「様々な知恵がある」と見ている。日本メディアは、王氏の外交部長就任は日中関係の改善を望むとの中国側のシグナルかもしれないと憶測し、「当然日本側にも相応の変化を求めるものだ」とした。

日本語が流暢な王氏は日本の政官財と太いパイプを持つ。2006年には駐日大使として、第1次安倍内閣での安倍首相の訪中「氷を砕く旅」に貢献した。日本語に精通し、対日外交経験のある外交部長は1998年から2003年まで務めた唐家[王旋](タン・ジアシュエン)氏以来だ。唐氏は現在、中日友好協会会長を務めている。

今後は日中関係修復の道を探る協議が全面的に始動し、自民党の高村正彦副総裁が首相特使として訪中するとの見方がある。2013年日中首脳が顔を合わせる機会は少なくとも4回ある。まずは5月の日中韓首脳会談が日中会談を探る最初の機会となる見通しだ。日本政府消息筋は今月15日、日中韓政府が5月25、26日にソウルで首脳会談を行うことを検討し始めたことを明らかにした。韓国側は日中両国にこの日程を提示しており、中国側が応じれば、日本側も同意すると見られる。領有権問題の対立により悪化した日中関係、日韓関係が修復されるかどうかが会談の焦点となる。日本からは安倍晋三首相、韓国からは朴槿恵(パク・クネ)大統領、中国からは李克強(リー・カーチアン)総理が出席すると見られる。3氏が顔を合わせるのは就任後初となる。その後は9月上旬のG20サミット、10月前後のAPECサミットと東アジア首脳会議が日中首脳の会う機会となる。

だが尖閣問題はまだ適切な解決策が見えてこない。尖閣問題について日本側は依然として強硬姿勢だ。菅氏は、尖閣諸島は日本固有の領土だと繰り返し強調している。日本外務省幹部はたとえ新指導部が発足しても現在中国に「大きな変化を期待するのは難しい」としている。(提供/人民網日本語版・翻訳/NA・編集/内山

関連記事

<尖閣問題>「5月の日中韓首脳会談が対話の絶好の機会」=丹羽前駐中大使の講演で―中国メディア

14日、「日中両国は互いに隣国であり、二国間にいかなる問題があったとしても、冷静な対話の場を持つべきだ。尖閣問題解決においては、双方が互いを尊重しながら対話を進めるよりほかない」。前在中国日本大使の丹羽宇一郎氏が講演でこのような発言を行った。資料写真。

Record China
2013年3月15日 14時40分
続きを読む

ランキング