日台漁業協議再開、中国が痛烈批判「台湾当局は中華民族の歴史的罪人」―香港メディア

配信日時:2013年3月20日(水) 9時53分
日台漁業協議再開、中国が痛烈批判「台湾当局は中華民族の歴史的罪人」―香港メディア
画像ID  375602
18日、香港中評社は、日台漁業協議の予備会合をこのほど再開したことについて「台湾当局関係者は中華民族における歴史的罪人になった。中国、台湾の人民はともに台湾当局に失望している」と痛烈に批判した。写真は台湾の馬英九総統。
2013年3月18日、香港中評社は、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権問題解決で台湾の馬英九(マー・インジウ)総統が「中国との連携はあり得ない」と表明し、日台漁業協議の予備会合をこのほど再開したことについて「台湾当局関係者は中華民族における歴史的罪人になった。中国、台湾の人民はともに台湾当局に失望している」と痛烈に批判した。環球時報(電子版)が伝えた。

その他の写真

それによると、日台漁業協議の再開は、尖閣諸島における日本の違法な“国有化”と実質支配を黙認することだと指摘。日本が漁業協議で台湾の要求をのみ、譲歩することは空想に過ぎないと主張。最近の協議で日本は肝心な部分で譲っておらず、結局は台湾に不利になるとした。

また、台湾の駐日経済文化代表処の沈斯淳(シェン・スーチュン)代表が同14日、「台日関係は良好だ。文化、観光、青少年交流を進めて相互理解を深め、関係を一層緊密にしたい」と語ったことや、台湾の王金平(ワン・ジンピン)立法院長が「対日関係を重視する」と述べたことは、「かつて抗日戦争を戦った同士を傷付け、中華民族に対する最大の背信行為となる」と厳しく非難した。(翻訳・編集/AA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事