日本の閣僚が続々「靖国不参拝」表明、「中国に友好的な態度示す」と米華字メディア

配信日時:2019年4月21日(日) 11時20分
日本の閣僚が続々「靖国不参拝」表明―米華字メディア
画像ID  1085449
20日、米華字メディアの多維新聞は「靖国神社参拝の時期が近づき、日本の政府要人が続々と中国に対し友好的な態度を示している」と報じた。写真は靖国神社。
2019年4月20日、米華字メディアの多維新聞は「靖国神社参拝の時期が近づき、日本の政府要人が続々と中国に対し友好的な態度を示している」と報じた。

記事はまず、「日本の靖国神社では毎年、春と秋に例大祭が催される」とした上で、「日本政府関係者が参拝すれば中国や韓国などの不満を招くことは必定で、日中関係の回復に努める現段階ではなおさら敏感だ」と指摘した。

その上で、日本メディアの20日付報道を引用し、靖国神社で今月21~23日に行われる春季例大祭に合わせた安倍晋三首相の参拝について、菅義偉官房長官が「参拝するか否かは、首相自身が適切に判断する事柄だ」と述べたことを紹介した。

さらに19日の閣議後の記者会見で、麻生太郎副総理兼財務相や石田真敏総務相、渡辺博道復興相、宮腰光寛沖縄北方担当相、片山さつき地方創生担当相は「参拝の予定はない」としたこと、吉川貴盛農相は「お答えを差し控えさせていただきたい」とした上で「21日は少し忙しいかな」と述べたこと、山下貴司法相や根本匠厚労相、世耕弘成経済産業相、原田義昭環境相、山本順三国家公安委員長は「個人として適切に判断する」としたこと、河野太郎外相と岩屋毅防衛相は訪米中のため閣議後の記者会見は開かれなかったことを紹介した。

そして、「日本メディアによると、日本の閣僚がこうした立場を表明したのは、習近平(シー・ジンピン)国家主席が出席する予定の20カ国・地域(G20)首脳会議を6月に控え、日中関係などに影響しないよう配慮したものだ」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • har***** | (2019/04/22 20:23)

    日本と中国は日中平和条約で戦時の事はすべて解決済み 誰が参拝しても問題にならないはず 中国は韓国と同じく国際条約の意味を理解出来ないのか? 
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2019/04/21 23:46)

    因縁を付けられたら面倒だからと譲歩したか最後、未来永劫彼らの因縁は続くんだよ。 最初に譲歩してしまった事がすべての誤りだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2019/04/21 19:42)

    犯罪は刑期が終われば二度とそれについて批判することは許されない。それが文明国の法治。永久に批判を続けるのは中世か古代に生きる人々。だから文明国としての手本を中国と中国人に示し教育してやれば文明人の仲間入りができ、彼らにとってもプラスになる。行きたい人は全員が行くべきで、日本でG20が開催されるにならなおさら中国首脳に教育をしてあげれば良い。 こういった誤った態度が特に韓国人の増長を生んでいることに日本人はいつになったら気がつくのだろうか。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事