J-20ステルス戦闘機が低速飛行で驚くべき旋回性能―中国で動画出回り評判に

配信日時:2019年4月21日(日) 8時0分
J-20戦闘機が低速飛行で驚くべき旋回性能―中国で評判に
画像ID  1085204
中国メディアの新浪網は、最近になりJ-20が低空・低速時での際立った性能を示す動画がネットに投稿されたと紹介した。新浪網はJ-20の性能について「米国やロシアの第5世代戦闘機も色を失う」と表現した。
中国メディアの新浪網は2019年4月19日付で、最近になりJ-20(殲-20)が低空・低速時での訓練時に際立った性能を示した動画がネットに投稿されたと紹介した。新浪網はJ-20の性能について「米国やロシアの第5世代戦闘機も色を失う」と表現した。

動画撮影の具体的な時期や場所は明らかにされていない。新浪網はJ-20について、カナード(前翼)を採用している点でフランスが開発したラファール戦闘機と同様だが、ラファールのカナードが主翼に近いのに対して、J-20のカナードは主翼から遠いので、主に超音速飛行時の性能改善のためと説明。亜音速での飛行の場合、カナードの効果は水平尾翼に及ばないと論じた。

記事によると、J-20の主翼面積は米国のF-22やロシアのSu-57より大きいわけでないが機体は大きい。しかも、噴流の向きを変えることで推力の向きを調整する推力偏向型のエンジンを搭載しているわけでもない。そのため、多くの軍事ファンが、J-20の機動性はF-22やSu-57に劣るのではないかと心配していたという。

動画を見るとJ-20はかなりの低空飛行をしている。激しく急旋回を行い、主翼の上面に突然、白煙のようなものが出現する。機体の姿勢と方向性の急激な変化で空気が膨張して温度が低下したために水蒸気が細かい水滴となる現象だ。

記事は、低空で旋回するJ-20の動画が明らかになったので「現在はJ-20が急旋回についても優秀な飛行をすることがわかった。F-22が航空ショーで見せた動きにも劣らない」と主張。また、J-20は現在、エンジンとしてロシアのAl-31か自国のWS-10(渦扇-10)を使っていると指摘。推力では米国やロシアの新型エンジンよりも劣るが、将来は自国で開発中の大推力であるWS-15に換装されれば、J-20の機動力はさらに高い段階に到達すると主張した。(翻訳・編集/如月隼人
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • har***** | (2019/04/22 20:49)

    F-22は空中停止出来るそうだが・・・ 機体を垂直に立てて推力調整で空中に立ってるって・・・  しかし この記事は攻撃能力に一言も触れて無いな
    このコメントは非表示に設定されています。
  • chi***** | (2019/04/21 09:27)

    64 まあ、大したことなのかも知れないが、今時、ドッグファイトでもする気か?中国メディアは自国の兵器の自画自賛記事が多いが、これは世界では非常識なことだが、記事は創作にも思えてしまいます。そうでしょ?ステルスなんでしょ?相手に見えない距離で先に相手を見つけミサイル発射で終わる時代なんですけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事