Record China

ヘッドライン:

在日中国人によるコンビニバイト回想録、「もう一度やってもいいな」

配信日時:2019年4月21日(日) 20時53分
拡大
12日、ある在日中国人が中国版ツイッター上で「日本のコンビニバイトは楽しかった」と題する回想録を掲載した。計3カ所のコンビニでアルバイトをした経験をつづっている。資料写真。

2019年4月12日、在日中国人の「愛染香在大阪」さん(以下「筆者」と表記)が、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で「日本のコンビニバイトは楽しかった」と題する回想録を掲載した。計3カ所のコンビニでアルバイトをした経験をつづっている。

コンビニには直営店と加盟店の2種類が存在する。筆者は「直営店の店長は本部から派遣され、すべて本部のルールに則って業務を行わなくてはならない。加盟店はオーナーの裁量による部分が大きく、本部が決めるルールすべてが守られてはいない」と説明している。

筆者が最初にアルバイトをしたコンビニは直営店で、店長は本部から派遣された有名大学の卒業者だったという。トイレ掃除などの人が嫌がる仕事をほとんど自分で引き受ける人で、夜勤も自分で入っていたという。そのため、「どんどん疲弊していく様子を間近で見ていた」としている。当時正社員で働いていた日本人スタッフとは勤務中によくおしゃべりし、一緒に食事に行くほど仲が良かったという。しかしある日、そのスタッフがタバコを万引きしていたことが発覚し解雇され、筆者自身大変ショックを受けた経験を紹介。その後、筆者は引っ越しを理由に退職したということだが、「店長からは日本で生活していく上で大切なことをたくさん教わった」と回顧している。

2番目のコンビニは夫婦が経営する加盟店で、オーナーである夫は優しかったが妻はとても厳しかったという。「外見に対するルールがとても厳しかった。髪を束ねる以外にも、前髪の斜め分けすら許されず、おでこにかかる髪はすべて黒のヘアピンで止めなくてはならなかった」と説明。ある日、学校の授業後に急いで出勤した筆者はヘアピンを忘れてしまい、それをオーナーの妻に見られ、出勤前に罰として5分立って反省することを求められたという。精神的に屈辱を受けたと感じた筆者は、その日の勤務後に辞意を示し、オーナーが妻を連れて謝罪に訪れたがやはり退職したことをつづっている。「今思うと、あの頃は自分自身が子どもで、我慢ができなかった」と反省している。

そして3番目に働いた加盟店のコンビニは、オーナーが多忙のあまり店内のチェックがおろそかになっており、床は汚く商品の上に埃が溜まり、コンビニの規則は守られていない状態だったという。通常、コンビニでは賞味期限を過ぎた商品は廃棄する決まりになっているが、店内でスタッフがそれらを食べることは許されていたと紹介。持ち帰りは厳禁だが、「週に1、2回おにぎりを持ち帰るくらいであれば何も言われなかった」とし、当時お金がなかった筆者にとってはとてもありがたく、持ち帰ったおにぎりで作ったお粥が大変おいしかったことを回想している。

しかし、イベント前夜の店内ポスター張り替え作業のために夜中3時まで残業させられたこともあり、この点については「翌日一日寝ないと体力が戻らなかった。また、女の子を夜中3時まで働かせるのはやり過ぎだったのではと感じる」などとしている。半年ほどこの店舗で勤務した後、奨学金をもらえたことや、授業が忙しくなったことなどを理由に退職したとしているが、「忙しくなければまだ勤めたかった」とつづった。

筆者は最後に「さまざまな問題もあったが、楽しい日々だった。もし『またやりたいか』と聞かれれば、『もう一度やってもいいな』と答えると思う」と述べている。(翻訳・編集/和田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

どこまで進化する?日本の次世代型コンビニに、韓国ネットの心境は複雑「未来がすぐそこに来てる感じ」「バイトにとっては危機的」

19日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「進化した日本のコンビニ(コンビニバイトの危機)」と題したスレッドが立った。これに寄せられたネットユーザーのコメントから、その複雑な心情が伝わってくる。写真は日本のコンビニエンスストア。

Record China
2016年12月20日 1時40分
続きを読む

ランキング