習近平の語る「中国の夢」に反応冷ややか=「まずは国民生活の保障を」の声多く―中国

配信日時:2013年3月18日(月) 14時24分
習近平の語る「中国の夢」に反応冷ややか=「まずは国民生活の保障を」の声多く―中国
画像ID  375403
17日、BBC中国語版は記事「中国ネットユーザー、習近平の“中国の夢”について議論」を掲載した。習近平国家主席のスローガン「中国の夢」に対して辛辣な意見が目立つ。写真は17日、全人代の閉幕式。
2013年3月17日、BBC中国語版は記事「中国ネットユーザー、習近平の“中国の夢”について議論」を掲載した。

その他の写真

17日、中国全国人民代表大会(全人代)の閉幕式が行われ、習近平(シー・ジンピン)国家主席が重要講話を発表した。「全面的な小康社会(国民の衣食が満たされた状態)、富強の民主文明、調和の取れた社会主義、近代的国家の建設という努力目標を実現するため、中華民族の偉大な復興という中国の夢を実現する」と語っている。

習近平体制のスローガンとなった「中国の夢」について、中国のネットユーザーはマイクロブログで次々と意見を発表した。

「中国の夢と聞いても何も言うことはない。まずは生活を保障してから夢を語ってほしい」「私の中国の夢は青い空、きれいな水、安心して食べられる肉、安心して飲める牛乳、子どもたちが公平な環境で楽しく成長できること」「私の中国の夢はシンプル。政府が市民にもっと良く対してくれること」など批判的な意見が目立つ。

作家の楊恒均(ヤン・ホンジュン)氏は「中国の夢は何も強国の夢、復興の夢、強い軍の夢だけではない。幸福な生活、豊かさ、飢えないこと、彼女がいること、社会正義の実現、人権の保障、自由平等や選挙権も意味する」と書き込んだ。

別のネットユーザーは「この手の会議はいつも興奮と希望があるけど、よく考えてみるとただの社交辞令。テレビを消せばいつもの現実に戻る。新政府は静かにしていて欲しい。私はもっと寝ていたいのだ。起きたくないのだ。どうせ中国の夢は夢の中の出来事に過ぎないのだから」。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事