ドイツと中国の貿易拠点となっているライン川沿いの「チャイナタウン」―中国メディア

配信日時:2019年4月23日(火) 1時10分
ドイツと中国の貿易拠点に、ライン川沿いの「チャイナタウン」
画像ID  1085046
ドイツ・ルール地方のライン川沿いにある都市・デュースブルクは 近年、中国と欧洲諸国が「一帯一路」イニシアティブを実施するにつれ、ドイツの「チャイナタウン」となりつつある。
ドイツ・ルール地方のライン川沿いにある都市・デュースブルクは 近年、中国と欧洲諸国が「一帯一路」(the Belt and Road)イニシアティブを実施するにつれ、ドイツの「チャイナタウン」となりつつある。新華網が伝えた。

その他の写真

現在、毎週約35~40本の列車がデュースブルク港と中国の十数都市の間を行き来しており、国際定期貨物列車「中欧班列」がデュースブルクの新たな代名詞となっている。そして、デュースブルクに進出する中国系企業が増加し、「一帯一路」中欧班列の建設に寄与している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事