Record China

ヘッドライン:

ブタの死骸遺棄事件で浮かび上がる「豚肉の違法販売」―米メディア

配信日時:2013年3月18日(月) 8時0分
拡大
14日、米メディアは、先ごろブタの死骸遺棄事件が発生した中国で、病死したブタが処分されずに食肉として流通している問題が表面化していると伝えた。写真は上海の黄浦江で回収され、無害化処理されているブタの死骸。
(1/8枚)

2013年3月14日、米紙クリスチャン・サイエンス・モニター(電子版)は「ブタの死骸遺棄事件で注目を集める豚肉の違法販売」と題した記事を掲載。この事件がきっかけで、病死したブタが食肉として流通している問題が中国国内で注目されていると伝えた。16日付の環球時報が伝えた。

その他の写真

13日、浙江省温嶺市で病死したブタの肉を販売していた46人が刑務所に収監された。過去2年間に中国各地で6件の類似した事件が発生しており、こうした手口が国内で横行していることは明らかだ。農業コンサルタントのアナリストは「大都市では非常に厳しい規制があるため、病死した家畜が市場に出回ることはほとんどない」と指摘。上海市に住むある退職した獣医も「こうした現象は地方で発生している。地方の監督部門が職務を果たさないからだ」と話す。

豚肉は中国人の主要な食べ物だ。中国では4億7500万頭のブタが飼育されている。これは世界中で取引されているブタの半数に相当する。そのうち70%が小規模な養豚農家で飼育され、死亡率は非常に高い。法律では死亡したブタは土中に埋めるか、あるいは焼却しなければならないが、小規模農家にとっては食肉として販売もしくは遺棄したほうがいい。往々にして小規模農家は死骸を埋めるために十分な土地を保有しておらず、焼却費用は高額だ。中国農業部は焼却処分にかかる費用を補償しているが、現行制度ではその支給までに時間がかかり過ぎる。

厳格な規定があるにもかかわらず、今回のような死骸遺棄事件が発生したことで、関係部門の職務怠慢が露呈された。「地方当局は管轄区域で何頭の家畜が飼育され、何頭の家畜が死んだのかを発表すべきだ。彼らが何も言わないのは、責任を負いたくないからだ」と、前出の元獣医は語った。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

またまたブタの死骸発見、ネットでは「水に問題ないなら当局の責任者が飲んでみろ!」と怒りが噴出―江蘇省崑山市

13日、中国メディアの報道によると、中国・江蘇省崑山市の玉峰大橋の南に位置する葉荷河の川辺で、ブタの死骸が1頭発見された。一方、同事件に関してはネットで多くの人が意見を書き込み、怒りをあらわにしている。

Record China
2013年3月14日 16時57分
続きを読む

ブタの死骸大量投棄事件、嘉興市の村役場は「回収は無料で投棄はありえない」と説明―中国メディア

12日、中国・上海市黄浦江の上流で大量のブタの死骸が見つかった事件で、死骸の一部に浙江省嘉興市の目印があったことから投棄元が嘉興市である可能性が疑われている。新民ネットはこのほど、浙江省嘉興市の竹林村に取材し、現地の情況を伝えた。

Record China
2013年3月13日 15時16分
続きを読む

上海のブタ死骸大量投棄事件、当局関係者「死因は豚コレラでなく凍死」―浙江省嘉興市

11日、上海市を流れる黄浦江の上流で大量のブタの死骸が見つかった事件に関し、死骸の投棄元とみられる浙江省嘉興市の当局関係者は、ブタが死亡した原因は豚コレラではなく、凍死であるとの見方を発表した。写真は嘉興市の川に投棄されたブタの死骸。

Record China
2013年3月12日 11時41分
続きを読む

ランキング