Record China

ヘッドライン:

中国で海軍関連の映像・画像が大量公開、空母では戦闘機発艦や防御用兵器も

配信日時:2019年4月19日(金) 9時0分
拡大
17日、中国中央電視台はSNSを通じて海軍関連の映像や大量の画像を公開した。航空母艦については、戦闘機の発艦や防御用の兵器の写真も紹介した。中国では4月23日の海軍設立70周年に向け、関連報道が増えつつある。
(1/9枚)

2019年4月17日、中国中央電視台(中国中央テレビ)はSNSを通じて海軍関連の映像や大量の画像を公開した。航空母艦については、戦闘機の発艦や防御用の兵器の写真も紹介した。

その他の写真

中国では4月23日の海軍設立70周年に向け、関連報道が増えつつある。当日には山東省青島とその沖合いで、日本の海上自衛隊艦も招待しての観艦式を含めた行事が予定されている。

記事は、中国が2012年に初めての航空母艦である「遼寧」を保有して近海から遠海へ、単艦での行動から艦隊行動、昼間の行動から夜間の行動まで、中国海軍は近海での防衛から近海の防衛と遠海でも護衛を結合させた建設の道を歩んでいると紹介した。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国海軍70周年の観艦式―先頭艦は空母と1万トン級駆逐艦か、新型原潜の披露に関心

中国海軍は4月下旬、成立70周年を祝賀する観艦式などを行う。観艦式では空母「遼寧」と満載排水量が1万3000トン以上とされる055型駆逐艦が先頭艦になるとの見方がある。新型原潜が披露されるかどうかに関心が集まっている。写真は055型駆逐艦。

Record China
2019年4月12日 23時20分
続きを読む

ランキング