Record China

ヘッドライン:

天皇陛下の「即位礼正殿の儀」、中国ネットユーザーはどう見たのか

配信日時:2019年10月23日(水) 11時20分
拡大
22日に行われた天皇陛下の「即位礼正殿の儀」の様子が中国版ツイッター・微博でも紹介され、中国のネットユーザーからさまざまな意見や感想が寄せられている。

22日に行われた天皇陛下の「即位礼正殿の儀」の様子が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でも紹介され、中国のネットユーザーからさまざまな意見や感想が寄せられている。

新浪新聞の微博アカウント・微天下は22日午後の投稿で、「儀式は東京の皇居で執り行われた。天皇陛下は即位に当たり、国民の幸せと世界の平和への願いを語った。続いて安倍晋三首相が寿詞(よごと)を読み上げ万歳を三唱した。最後に礼砲が放たれ、式は終了した」「当日は180カ国以上からの来賓が参列した」などと説明するとともに、式典の映像を掲載した。

これを受けて、中国のネットユーザーからは、「この時代にこんな儀式が見られるとは」「日本は伝統を守ることに関して群を抜いている」「すごく美しい儀式。中国ではテレビドラマの中でしか見られない」「最後の万歳三唱には特別なオーラを感じた」といった驚きや称賛の声が上がった。

一方、「現代の文明的で民主的な社会において、(この儀式には)違和感を感じる」「封建社会の名残だ」といった意見も寄せられたが、これに対しては「私はむしろ、これは科学的なやり方で国を統治しながらも自らの文化を失わない、より先進的な現代社会の在り方だと思う」「これを封建的と言うようでは、中国の春節中秋節なども全て封建社会の名残であることになってしまう。生活と儀式は切り離すことができない」「この儀式は伝統であって、良い悪いといった観点で見ることはできないのでは」といった反論も見られた。

このほか、「皇居って東京にあるのか。ずっと京都にあるものだと思っていた」「式典当日は日本で祝日になったらしい。日本は本当に祝日大国だ」などとコメントしたユーザーもいた。(翻訳・編集/岩谷)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング