鴻海の郭会長が台湾総統選に出馬表明、後継はファーウェイ式「輪番制」採用も?―米華字メディア

配信日時:2019年4月18日(木) 19時10分
鴻海の郭会長が台湾総統選に出馬表明、後継はファーウェイ式輪番制?
画像ID  1084632
17日、シャープを買収した台湾の鴻海精密工業の郭台銘会長が来年1月の総統選に出馬するため、野党・国民党の公認獲得を目指し、党内予備選に参加すると表明した。
2019年4月17日、シャープを買収した台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長が来年1月の総統選に出馬するため、野党・国民党の公認獲得を目指し、党内予備選に参加すると表明した。郭会長は、鴻海の会長職にはとどまるものの、経営の第一線からは手を引くと表明しており、米華字メディアの多維新聞は、「誰が郭台銘氏の後継者になるのかに注目が集まっている」と報じた。

記事は、消息筋の話として、「有力なのは財務責任者の黄秋蓮氏だ。彼女は鴻海で『銭ママ』と呼ばれ、彼女のサインがない投資案件には、郭台銘氏は目を通すことはないという。だが内部では、郭台銘氏のカラーが強すぎるため、短期間に後継者を選出することは難しく、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)のように、輪番制を採用する可能性を指摘する声も出ている」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事