ノートルダム大聖堂の屋上で飼われていたミツバチ1万8000匹はどうなった?―中国メディア

配信日時:2019年4月18日(木) 15時30分
ノートルダム大聖堂で飼われていたミツバチ1万8000匹はどうなった?
画像ID  1084577
18日、海外網によると、フランス・パリ中心部にあるノートルダム大聖堂で起きた大規模火災で、養蜂家の男性が大聖堂の屋上で飼っていたミツバチの安否を心配している。写真はミツバチ。
2019年4月18日、海外網によると、フランス・パリ中心部にあるノートルダム大聖堂で起きた大規模火災で、養蜂家の男性が大聖堂の屋上で飼っていたミツバチ1万8000匹の安否を心配している。

男性は17日に受けた取材で3つのハチの巣が元の場所に見えることを説明。涙ながらに「警察と消防が近付かせてくれない」と訴えたという。

男性によると、ノートルダム大聖堂の屋上でミツバチを飼う夢が実現したのは12年のことだ。男性は15日(現地時間)の火災発生以降、ミツバチの群れを確認できていない。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/04/18 15:35)

    >ノートルダム大聖堂の屋上で飼われていたミツバチ1万8000匹はどうなった? きっと火事の前日に一斉にいなくなったのではないか。動物には危機回避の本能があると言う。誰かがその異常に気づいていたら、火事を未然に防げたかもしれない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事