映画「空海」の巨匠チェン・カイコー監督、息子は“米国籍”だった=意外な事実に批判高まる

配信日時:2019年4月18日(木) 11時0分
巨匠チェン・カイコー監督、息子は“米国籍”だった
画像ID  1084539
17日、中国映画界の巨匠チェン・カイコー監督の次男が、大学入学の話題で米国籍だったことが明らかになり、これまで故意に隠していたのではないかと多くのネットユーザーが疑いの目を向けている。
2019年4月17日、中国映画界の巨匠チェン・カイコー(陳凱歌)監督の次男が、大学入学の話題で米国籍だったことが明らかになり、これまで故意に隠していたのではないかと多くのネットユーザーが疑いの目を向けている。

その他の写真

映画「さらば、わが愛/覇王別姫」「空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎」などで知られるチェン・カイコー監督の次男、チェン・フェイユー(陳飛宇)は10歳で父親の映画「運命の子」に出演し、2017年に17歳で本格的に俳優デビュー。母親はかつて「中国トップ美女」と呼ばれた女優チェン・ホン(陳紅)で、そのイケメンぶりでも注目されている。

そのチェン・フェイユーがこのほど、父親の母校でもある映画・演劇の難関大学、北京電影学院に合格していたことが明らかに。しかも外国籍枠で合格したことが分かり、中国を代表する映画監督の愛息が実は“外国人”だったと、あまりにも意外な事実が世間を驚かせている。

チェン・フェイユーのプロフィールについては、ウィキペディアおよび中国最大のオンライン百科事典「百度百科」ではこれまで、中国籍と紹介されていた。北京の小学校を卒業後、中学から留学したチェン・フェイユーだが、その間に米国籍を取得したと思われる。しかし、これまで国籍について一度も明らかにせず、またネット上の情報を訂正もしていなかったことから、今回の報道に対しては、「故意に隠していたのでは」「きちんと公表していれば人に後ろ指をさされることもなかった」と、ネットユーザーの間から批判の声が上がっている。(Mathilda
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事