Record China

ヘッドライン:

サムスン、今年7~9月期の営業利益が56%減に―米華字メディア

配信日時:2019年10月8日(火) 15時10分
拡大
韓国サムスン電子が10月8日に発表した速報値によると、同社の2019年第3四半期の営業利益は前年同期比で56.18%減となった。写真は撤退したサムスンの天津工場。

韓国サムスン電子が10月8日に発表した速報値によると、同社の2019年第3四半期(7~9月期)の営業利益は前年同期比で56.18%減の7兆7000億ウォン(約6900億円)だった。米華字メディア・多維新聞が伝えた。

今年の第2四半期(4~6月期)と比べると、売上高は10.46%、営業利益は16.67%の増加となったが、前年同期比では売上高も5.29%の減少となった。

サムスン関係者によると、今回発表された速報値は韓国採択国際会計基準(K-IFRS)に基づき予測されたもので、確報値は10月後半に公表予定だという。(翻訳・編集/岩谷)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング