ブラジル国立博物館に仏ノートルダム大聖堂…中国では故宮の防火訴える声―中国メディア

配信日時:2019年4月17日(水) 13時50分
ブラジル国立博物館に仏ノートルダム大聖堂…中国では故宮の防火訴える声
画像ID  1084266
16日、昨年9月にブラジル国立博物館で火災が発生したのに続き、仏パリの世界遺産ノートルダム大聖堂でも大規模な火災が発生したことを受け、中国のSNS上では北京の世界遺産「故宮博物院」を心配し、防火を訴える声が続々と上がっているという。写真は故宮博物院。
2019年4月16日、中国メディアの観察者網は、昨年9月にブラジル国立博物館で火災が発生したのに続き、仏パリの世界遺産ノートルダム大聖堂でも大規模な火災が発生したことを受け、中国のSNS上では北京の世界遺産「故宮博物院」を心配し、防火を訴える声が続々と上がっていると報じた。

記事はまず、「ノートルダム大聖堂で15日夕に発生した火災は、約400人による消火活動で約9時間後に鎮火したが、甚大な損傷を受けた」とし、「昨年9月のブラジル国立博物館からノートルダム大聖堂まで、火災によって人類の歴史が破壊された。これを受け、中国のネットユーザーの多くが真っ先に想到したのは、同じく世界文化の宝である北京故宮だ」とした。

そして、中国のSNS上で「故宮はいつまでも無事であってほしい」「管理を強化。ご先祖様が残してくれた財産は継承していかなければならない」などの声が寄せられていること、北京の故宮博物院が16日、ノートルダム大聖堂の火災を受けて「消防安全緊急会議」を開いたことなどを紹介した。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2019/04/17 16:36)

    フランスの首都パリは世界史を近代へと回 転させた、歴史的に重要な都市であり、ノートルダム寺院はパリの象徴的なモニュメントだ。人権や法の下の平等、人々の友愛を生み出した。 中国の首都北京は世界史を回 転させておらず、未だに古代帝国の首都だ。人権もなく、市民もなく、人々は政治的な奴隷だ。故宮は古代的な皇帝の住居であり支配の中心地で、それは今も変わっていない。 世界史的に見てどちらが重要な国なのか、都市なのか、建物なのかは明らかだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2019/04/17 14:40)

    自国の世界遺産が大切なのはわかるけど ノートルダムの為に何かしてやろうとか言う意思は無いの? 高野山金剛峯寺などの世界遺産を抱える和歌山県の高野町は ノートルダム大聖堂再建のための募金を始めたんだけど? >管理を強化。ご先祖様が残してくれた財産は継承していかなければならない 本当に価値の有るものが収蔵されているのは北京じゃなく台北の故宮博物院だろ 北京は紫禁城くらいでしょ
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事