【募集中】韓国語社内スタッフ

恋愛リアリティー番組「バチェラー」に参加した中国系女性、SNSに「中国に帰れ」など差別コメント殺到―豪州

配信日時:2019年4月17日(水) 22時50分
「バチェラー」に参加した中国系女性、SNSに「中国に帰れ」―豪州
画像ID  1084233
豪華字紙オーストラリアン・ニュー・エクスプレス・デイリーは16日、恋愛リアリティー番組「バチェラー」に出演した豪州の中国系女性のSNSに差別的なコメントが殺到していると伝えた。
豪華字紙オーストラリアン・ニュー・エクスプレス・デイリーは、恋愛リアリティー番組「バチェラー」に出演した豪州の中国系女性のSNSに差別的なコメントが殺到していると伝えた。16日付で中国僑網が報じた。

「バチェラー」は、ある理想的な独身男性との結婚の座を一般などから公募された複数の女性が争う過程をモニターするという内容の番組で、世界的に人気を呼んでいる。

中国とスコットランドという2カ国のルーツを持つヴァネッサ・サンシャイン(森夏恩)さんは、「バチェラー」に出演後、インスタグラムで「中国に帰れ」といったメッセージを受け取るようになったという。

ヴァネッサさんは「私はここ(オーストリア)で生まれ育ち、これからもここで生活し、仕事をしていく。なぜ人は人種や肌の色で相手を判断しようとするのかがわからない。これってすごく不愉快なこと」と信じがたい気持ちをあらわにした。

また、「これまでも人種的な差別には遭ってきたし、テレビに出れば文化的なバックグラウンドによって攻撃の的にされる可能性があることも理解していた」「その人のルーツがどこにあるかなんて重要じゃない。そんなことで他人から評価されるなんて間違っている」と話す。

また、ヴァネッサさんと同じく「バチェラー」に出演した先住民のブルック・ブラートンさんも同様に、先住民だからという理由で差別を受けたことがあると打ち明けた。他人から「こんなに美人なのに、先住民って本当なの?」「あなたのことはすごくきれいだと思っていたのに、まさか先住民だったなんて」といったメッセージを受け取っていたという。

ヴァネッサさんは、「前にブルックとも、『バチェラー』自体にどこか民族差別的なところがあるよねと話したことがある。私たちは自分のルーツに対して誇りを持っているわ。外見が他の人とは少し違っているかもしれないけど、それって素晴らしいことじゃない?私は、特に若い女性たちには自分の持つ本来の美しさを認めて、他の人の言葉に傷つけられないでほしいと思う」と語っている。(翻訳・編集/岩谷)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/04/18 15:04)

    まあ、よく差別発言をする連中って、大体底辺だったり、属する人種や国家・民族くらいしか自慢のタネが無い奴だったりするんだよね。 尤も、最近は「そりゃ言われてもしょうがないよ」って感じの事すら「差別だ」の一言で片付けられてるような気もするけど。 個人が持つ資質や性格に問題があるならそれを批判すればいいが、その個人が属する人種や民族を貶せば、それは差別に他ならない。 言う方も言われる方も、カッとなる前に一度吐こうとする言葉や批判された内容を吟味する必要があるかも知れないね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/04/18 11:08)

    >先住民だからという理由で差別を受けたことがある アメリカ先住民とは、ヨーロッパから移民が入植する前から北米大陸に住んでいた通称〈インディアン〉のことを指す。この中国人女性はオーストラリアの原住民(アボリジニ)ではないはずだ。中国人とアボリジニを同列に語るのはおかしい。また〈オーストラリア〉と〈オーストリア〉も混在している。これは翻訳者が訴えられてもいいレベルである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事