上海市、ブタの死骸は浙江省が出所と発表=嘉興市は「無料で回収・処理をしている」と強調―中国

Record China    2013年3月15日(金) 11時23分

拡大

14日、中国・上海市の黄浦江で大量のブタの死骸が見つかった事件は、連日多方面から注目を集めている。また、今月11日には上海市政府が調査の結果、死骸は浙江省嘉興市から来たものであると発表。

(1 / 8 枚)

2013年3月14日、中国・上海市の黄浦江で大量のブタの死骸が見つかった事件は、連日多方面から注目を集めている。また、今月11日には上海市政府が調査の結果、死骸は浙江省嘉興市から来たものであると発表。チャイナフォトプレスが伝えた。

その他の写真

今月13日、浙江省嘉興市南湖区竹林村では、作業員がブタの死骸を回収していた。作業員はブタを飼育している家を回り、回収したブタの死骸は無害化処理された。嘉興市畜牧獣医局の蒋(ジアン)副局長は、現在同市には600カ所の無害化処理施設があり、死んだブタに対し無料で回収及び処理をしていると強調している。(翻訳・編集/内山

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携