Record China

ヘッドライン:

韓服の魅力を世界に発信!若きデザイナーの挑戦をネットユーザーも応援

配信日時:2020年7月12日(日) 17時50分
拡大
6日、韓国・聯合ニュースによると、最近、米国を中心に韓国の伝統衣装「韓服(hanbok)」という言葉がインターネット上で話題になっている。

2020年7月6日、韓国・聯合ニュースによると、最近、米国を中心に韓国の伝統衣装「韓服(hanbok)」という言葉がインターネット上で話題になっている。記事は、海外にも多くのファンを抱える韓国の4人組ガールズグループ「BLACKPINK(ブラックピンク)」が先月26日(現地時間)、米国のトークショーに韓服の伝統模様をイメージした衣装を着て出演したことなども大きいと伝えている。

同紙はこの衣装を手掛けたデザイナーのダンハさん(30)にインタビューした。ダンハさんは「2年前、韓服が好きで起業した時は、海外市場で注目を集めるとは想像もできなかった。韓国の伝統衣装の魅力を世界に広める機会だと思う」と語った。

ダンハさんは、子どもの頃から韓服の魅力に取りつかれ、成人になってから、海外旅行に出かけるたびに韓服を用意して行った。「とても美しい」と称賛する現地の人たちの反応を目の当たりにし、韓服が、外国人に魅力的な服にうつるという確信が持てたという。

韓服を誰もが気軽に着られるよう改善したいと思ったが、まずは伝統について知る必要があると2016年に韓国宮中服飾研究院で韓服の歴史から学んだ。18年には大学院で衣装学を学びブランドを立ち上げた。

そんな中、BLACKPINKの所属事務所から、韓服をミュージックビデオ(MV)の衣装として使いたいという依頼が来た。メンバーの激しいダンスにも対応できるようデザインしたという。

ダンハさんは「韓服は世界のファッショントレンドの堂々たる一角として定着する可能性があると信じている」と話している。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは、「韓国の伝統衣装が世界で関心を集めることはうれしいこと」「韓国の文化がもっと広がってほしい」「伝統衣装の韓服だけれど、時代に合わせて変えることも意味があることだと思う」「21世紀には21世紀の韓服がある」などと、ダンハさんの取り組みを応援するコメントが寄せられている。

一方、「これを韓服と言えるだろうか?」「韓服の基準というのはどこにあるのだろう?」との声も上がっている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング