「日本でこんなことが」=踏切の棒切り落とし、中国ネットでも話題に

配信日時:2019年4月16日(火) 11時10分
「日本でこんなことが」=踏切の棒切り落とし、中国ネットでも話題に
画像ID  1083902
15日、環球時報の微博アカウントは、千葉県の日本人男性がのこぎりで踏切の遮断機を切断したニュースを動画付きで報じた。資料写真。
環球時報の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは15日、千葉県船橋市で男が踏切の遮断機をのこぎりで切り落としたニュースを動画付きで紹介した。

13日、同市の京成線の踏切の遮断機の棒をのこぎりで切断した疑いで、中野勝徳容疑者(53)が逮捕された。人身事故の影響で遮断機が長時間閉まっていたため、腹を立てて犯行に及んだという。

これに対して中国のネットユーザーからは、「えっ、『車からのこぎりを取り出し』?」「誰も止めなかったのか」と異常な事態に驚く声や、「気持ちは分からなくもない。僕もずっと変わらない信号を待ってるときはイライラする」など共感を示す声が上がった。

また、「日本でもこんなことが起きるのか」「ロシア人がやったのかと思った。よく見たら日本人だった」「在日中国人がやったと言われるのだろう」といった声も散見された。

このほか、「(遮断機の棒だけでなく)彼の素養も路上に置き去りにされちゃたね」「通れないなら、自分の車のほうをたたき切ればよかったのに(笑)」といったコメントも寄せられた。(翻訳・編集/岩谷)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2019/04/16 23:27)

    踏み切りの棒が竹で出来ているのが最大の問題。 当然値段ではなく、踏切内で立ち往生してしまった時、抜け出しやすいように、竹にしてある。 だからといって切ってはいけない。 何故止めないのか? そんな異常な事する人注意したらなにやらかすか分からない。 犯人の車は日本国内では、作業用の車。そういう切るのが仕事なのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アンギ***** | (2019/04/16 18:16)

    人身事故で列車が動いてないなら踏切を開放すりゃイイじゃないか! 何分待ってても列車が来なければ「無駄に足止めすんじゃねぇよ!」って気になって、遮断棒を切り落としたくもなるわな。 それにマス塵も相当ネタに困ってたのか、前述の事情には触れず何度も繰り返し実名まで上げて報道してたよな。 そういや、はるか昔のことだが、自分の乗ったJR神戸線の快速電車に駅から人が飛び込んだ。 その駅(摂津本山だったと思う)を過ぎた途中で停車したのだが2時間近くもそのまま缶詰状態だった。 上下線とも列車が走ってないのだから、ほぼ並行して走ってる阪急神戸線で振り替え輸送すべきだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/04/16 12:38)

    この人の車は踏切の最前列で止まっていたのだろう。踏切の遮断機が降りてきた時『強引に通れないこともないが、安全のため待つことにしよう』と判断したのだ。まさか事故でいつまでも待たされるとは思わなかったのである。つまり公共物破損罪だけでなく、自分の決断を他人の責任にした〈社会人としての罪〉もある。どんな理不純な災難であっても、自分の決断が招いたものなら、自分の責任だと諦めるしかない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事