Record China

ヘッドライン:

ノートルダム大聖堂の大火災に中国でも衝撃、ネットから「人類の遺産が」「われわれの代で…」の声

配信日時:2019年4月16日(火) 12時10分
拡大
世界的に知られるフランス・パリのノートルダム大聖堂で現地時間15日午後、大火災が発生した。このニュースは中国でも衝撃をもって報じられている。写真はノートルダム大聖堂。

世界的に知られるフランス・パリのノートルダム大聖堂で現地時間15日午後、大火災が発生した。このニュースは中国でも衝撃をもって報じられている。

環球網は16日、「なんてこと!。800年の文明が破壊された…」と題する記事を掲載。白煙を上げて赤く染まる尖塔の写真や、屋根から炎が勢いよく上がる動画を掲載し、大聖堂の広報担当者から「何もかもが燃えている」との発言があったことを伝えた。

記事によると、消火活動が進められる間、人々はひざまずいたり、歌を歌ったりするなどして大聖堂の無事を祈ったそうだ。現場に出動した消防士は「火災は大聖堂の修復工事と関係がある」との見方を示しているという。

同日午前11時30分現在、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングでは「ノートルダム大聖堂、大火災」「パリ市長、火災は非常に深刻」が1位と2位を占めた。他にも「バラ窓、なくなる」「尖塔倒壊の瞬間」「火災後初の大聖堂内部の写真」「マクロン大統領、大聖堂再建へ」「火災原因の初期調査」「パリ消防局」などがトップ50入りしている。

また、大聖堂火災のニュースに中国のネットユーザーからは、「ショック!。いつか行けると思っていたのに」「人類の遺産が」「フランスは最近、『ツキ』がなさすぎる」「世界から消えてしまう物があるということは分かっているが、われわれの代でこれほど多くの物が消失するとは想像もしなかった」「建築に使用された木材は一つの森林に相当するだろうに」「世界が倒壊の瞬間を目撃した。本当に心が痛む」などのコメントが寄せられている。(野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

欧州の巡礼路に広がる「アンチコリア」、その実態に韓国ネットがっかり「中国人を悪く言う資格ない」

14日、韓国・中央日報は、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへと続くポルトガルの巡礼路で、韓国人旅行者の行動が悪評を呼び「アンチコリア」の空気が生まれていると伝えた。写真はポルトガルのサンタレンにあるポルタスドソル展望台。

Record China
2018年11月15日 10時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング