Record China

ヘッドライン:

「寄付すれば記念の壁にあなたの名前が刻まれます」=中国でノートルダム大聖堂の火災に乗じた詐欺―中国メディア

配信日時:2019年4月17日(水) 11時20分
拡大
16日、中国メディアの観察者網によると、中国でノートルダム大聖堂の火災を利用した詐欺が発生している。写真はノートルダム大聖堂。

2019年4月16日、中国メディアの観察者網によると、中国でノートルダム大聖堂の火災を利用した詐欺が発生している。

15日にパリのノートルダム大聖堂で火災が発生し、尖塔が焼け落ちるなどの深刻な被害となった。記事によると、あるネットユーザーが「ノートルダム大聖堂の修理工を名乗る詐欺のメールを受け取った」とネット上で報告、物議を醸した。

そのメールには、「こんにちは。私はノートルダム大聖堂火災の修復プロジェクトを担当している者です。再建費用は欧州連合(EU)によって差し押さえられているため、この芸術的な人類の宝を再生させることができません。あなたが1000ユーロ(約12万6000円)を寄付してくだされば、あなたの名前が再建された記念の壁に刻まれます。私たちの銀行座番号は××××です。あなたが世界の文明に対して負うべき責任を担ってくださることを願っています」と書かれている。

この詐欺メールについて知った北京市公安局は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の公式アカウント上で、メールの送信者に対して「あなたの名前が記念の壁にあるかどうかは知らないが、警察の立件告知書にはあなたの名前があるだろう」と書き込んでいる。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「育てたリンゴが売れないと大変なことに」と泣く少女、当局「お涙頂戴の詐欺商法」と発表―中国

人民日報は24日、インターネットを利用して少女が泣く写真などを紹介し、「もうすぐ雪で山に入れなくなる。育てたリンゴが売れなくなる」などと説明してリンゴ購入による支援を訴えた情報発信は「お涙頂戴」式の詐欺商法だったと、改めて批判する記事を発表した。

Record China
2018年10月27日 1時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング