日本が軍艦を中国に派遣すると宣言、背後にある深い意図とは?―中国メディア

配信日時:2019年4月16日(火) 17時20分
日本が軍艦を中国に派遣すると宣言、その深い意図は?―中国メディア
画像ID  1083889
15日、南方日報は、海上自衛隊が中国海軍創設70周年関連行事に護衛艦「すずつき」を派遣すると発表したことに関する、中国の軍事専門家の見方を伝えた。写真は護衛艦「すずつき」。
2019年4月15日、南方日報は、海上自衛隊が中国海軍創設70周年関連行事に護衛艦「すずつき」を派遣すると発表したことに関する、中国の軍事専門家の見方を伝えた。

防衛省は11日、あきづき型護衛艦「すずつき」を21日より中国に派遣し、中国海軍創設70周年関連行事に参加させることを発表した。記事は、海上自衛隊の艦船が中国を訪れるのは戦後3度目であるとしている。

軍事専門家の韓旭東(ハン・シュードン)氏は「日本による艦船相互訪問の意向について、われわれは歓迎すべきだ。わが国の軍事外交上の目標は、アジア太平洋地域の長期にわたる軍事的な平和と安定であり、艦船の相互訪問はわが国のイメージづくりをさらに進める一助となる。また、両国の外交関係が緊張から発展へと変化しつつあることを意味する」と語った。

また、今回トン数の比較的小さい護衛艦の派遣を発表したことについて、軍事専門家の李傑(リー・ジエ)氏は「先進的であるものの最新鋭ではない艦船を派遣したことは、良い印象を中国に持ってもらい、双方の平和交流という目的を達成しようという意図の表れだ」と解説。今後中国の軍艦が訪日する際には052C型駆逐艦が選ばれる可能性が高いとしている。

記事は、前回日中軍艦の相互訪問が行われたのが2007年で、やはり安倍晋三首相の任期内だったことを紹介。「今回安倍政権が再び相互訪問を提起したことは、日本の海上自衛隊の国外進出への試みと直接関係するかもしれない」と伝えた。

李氏は「安倍政権は長期的に軍事外交を展開して、自身の影響力を最大限拡大している。今回の相互訪問提案も、争いを棚上げし自ら前向きな姿勢を示すことで、東アジア全体で注目を集めたいと考えてのことだ」としている。

また、今回の関連行事に米国が参加せず、日本がギリギリで参加を発表したことについて「日本は米国の決心に100%依存するわけではないことを示したかった。そしてまた、米国もアジア太平洋地域における日本の強大化を要求しているのだ」と論じた。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2019/04/17 08:56)

    参列するのは日中だけではない。周辺国もいて、会合なども開かれるわけだから、国同士の繋がりを深めるにはいい機会です。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2019/04/16 23:05)

    日本にとって中国は戦後友好国に成っている。 中国や日本のマスコミが両国を面白おかしく書き殴るだけで現実には中国と日本は敵対心など無い、中国の記念日に日本が参加する事に何故理由が要るのか? 世界情勢の中日本は、日本の防空権を守る、それは当然の義務。 アメリカも認めていない中国の防空権を日本が勝手に認める事は出来ないし、中国の勝手を認めて居たら日本人が生活できなくなるから違法は違法と言うのも当然。 中国は中国国内での話し合いで解決するべき。 日本にとって韓国は、守ってあげていただけで、反日するなら電気自動車の技術を中国に安く売って、韓国に代わって中国が、日本と共に自動車産業で大きく儲ければ善いそれだけ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2019/04/16 18:52)

    ありゃまあ~、どこぞやのお国が参加出来なくなるな(笑)。 なにせ、旭日旗を見たら発狂しかねないし、レーダー照射もしちゃったら大問題になりかねないからな(笑)。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事