【募集中】韓国語社内スタッフ

紙の本が廃れゆく中、日本のこの動きは「令和」だ―華字紙

配信日時:2019年4月16日(火) 22時50分
紙の本が廃れゆく中、日本のこの動きは「令和」だ―華字紙
画像ID  1083734
華字紙・日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長は10日、同紙ウェブサイトで「日本が紙の本の没落危機の中で見出した『商機』」というタイトルのコラムを発表した。資料写真。
華字紙・日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長は10日、同紙ウェブサイトで「日本が紙の本の没落危機の中で見出した『商機』」というタイトルのコラムを発表した。

蒋氏は、「ここ数年にわたりインターネットや電子書籍の影響を受け、紙媒体のメディアや書籍といった産業が斜陽化している一方で、日本では『マンガホテル』や『読書ホテル』、『入場料のいる本屋』など、紙の本をテーマにしたさまざまなサービスが流行している」と紹介した。

その例として、蒋氏はまず東京の有名な書店街、神保町にオープンした「マンガ アート ホテル トーキョー(MANGA ART HOTEL,TOKYO)」を読者に紹介。モノクロトーンの同ホテルには5000冊ものマンガが置かれ、マンガファンらはその空間にじっくり浸ることができる。利用客は気に入ったマンガがあればその場で購入することも可能。オープンして2カ月にも関わらず、一泊およそ300元(約5000円)の同ホテルの満室率はほぼ100%だという。客層は主に20歳~40歳で、比較的多いのは日本人女性だというが、蒋氏は「日本人以外にも、米国やヨーロッパ、アフリカやアジアなど各地から旅行客がこの『マンガワールド』を体験するために訪れている」としている。

蒋氏は続けて、昨年末に六本木にオープンしたオリジナリティーあふれる書店「文喫」を紹介。「入るには1500円という美術館の特別展さながらの入場料を払わなければいけないが、460平方メートルにおよぶその店内ではおかわり自由のコーヒーや、フードメニューを楽しみながら、学術書から芸術書、さらには漫画まで3万冊もの本を読むことができる」と説明した。同書店の店長は「デートから仕事のアイデア探しまで、あらゆる用途に使ってほしい」とコメントしているという。

さらに、「このようなビジネスモデルは東京のような大都市以外では通用しないのではないかと思われるだろうが、ある出版社(※実際は出版取次店)は箱根にある自社の保養所を紙の本がテーマの露天風呂付きホテルに改装した」とし、ブックホテル「箱根本箱」を紹介。同ホテルには、宿泊客らにスマホなどのデバイスから離れてゆっくりと読書を楽しんでもらう狙いがあるという。1万2000冊の本を提供する同ホテルの利用客は20~60歳と幅広い年齢層に渡っているそうだ。

蒋氏は「誰でも本が読める時代だが、じっくり本を読もうとする人は非常に少ない。読書という娯楽もやはり最終的にビジネスの一種であることに変わりない。しかし穏やかに読書ができる環境を作り出すという動きは、非常に“令和”(Beautiful Harmony)ではないだろうか?」とつづった。(翻訳・編集/岩谷)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事