【募集中】韓国語社内スタッフ

イタリアの警察、「人間の食用に適さない」食品販売で中国系商店を捜査―中国メディア

配信日時:2019年4月15日(月) 17時0分
伊警察、「人間の食用に適さない」食品販売で中国系商店を捜査
画像ID  1083699
14日、中国メディアの観察者網は、イタリア・シチリア島のカターニア県ミステルビアンコの警察当局がこのほど、「人間の食用に適さない」食品を販売したとして、ある中国系商店を捜索したと報じた。
2019年4月14日、中国メディアの観察者網は、イタリア・シチリア島のカターニア県ミステルビアンコの警察当局がこのほど、「人間の食用に適さない」食品を販売したとして、ある中国系商店を捜索したと報じた。

記事によると、「人間の食用に適さない」食品とは、アヒルの卵を特殊な方法で熟成させて製造する中国の食品「ピータン(皮蛋、松花蛋)」で、イタリアでは販売が禁止されているという。

警察当局は、ピータンや、アヒルなどの卵を塩漬けした「シエンヤータン(鹹鴨蛋)」を含む卵計800個を押収し、華人2人を衛生当局に通報した。

記事は、ピータンについて、「中国人には美味な食品だが、米CNNなど複数のメディアは『世界で最も気持ち悪い食品』の一つに選出している。外国では『悪魔が生んだ卵』や『100年たった卵』『1000年たった卵』と呼ばれている」とした上で、豆腐に麹をつけ塩水中で発酵させた「豆腐乳」や激しいアンモニア臭がする「臭豆腐」などを挙げ、「私たちにとってごく普通の中国料理は、外国人の目には非常に奇妙に映るようだ」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/04/16 07:52)

    第二次世界大戦中に日本の収容所でアメリカ人捕虜の食事に『ゴボウの煮つけ』を出したところ、戦後になってアメリカ人に『木の根っこ』を食べさせたとして、収容所の責任者が〈捕虜虐待〉で裁かれたという。確かにゴボウは木の根っこである。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2019/04/15 22:36)

    イタリアでは販売が禁止されているなら当然製造も販売もしてはいけない。 それなのに日本政府を観てみろよ。 在日中国人が反日だと日本国内で叫んでいても、全くニュースにも成らず逮捕される事もなく、本人達の方が何もされなくて驚いている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アンギ***** | (2019/04/15 19:40)

    「人間の食用に適さない」っていうから、中国の川や沿岸で獲れた魚介類、中国の畑で作られた野菜や穀物、中国の飼育場で育てられた牛肉や豚肉など、中国直輸入の食材かと思った。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事