Record China

ヘッドライン:

第5回中日ハイレベル経済対話、両国の合意にはどんなものが?―中国メディア

配信日時:2019年4月15日(月) 20時0分
拡大
中国の王毅国務委員兼外交部長は14日、第5回中日ハイレベル経済対話で発言し、対話で合意に達した共通認識をまとめた。

王毅部長によると、中日関係が持続的に改善、発展し、世界の経済情勢が複雑に変化する中、中日両国がそれぞれ世界第2、第3の経済大国としていかに相互協力を強化し、共に課題に取り組むかについて深く意思疎通を行うことは、大きな意義と価値がある。それは、中日経済貿易協力の促進、世界経済の安定した発展を促すことに役立っていると考えられている。

今回の対話での合意内容は以下の通りだ。

1、両国は共同で多国間主義と自由貿易体制を守り、経済グローバル化と区域一体化を引き続き進め、開放型世界経済の構築に努力する。

2、日本はハイレベル代表団を派遣し、中国が主催する第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムに参加する。関係協力プロジェクトの拡張に力を尽くす。

3、両国は引き続きこれまでのG20サミットの成果を実現し、G20の枠組みに基づく協力を強める。日本は習近平主席がG20大阪サミットに出席することを歓迎する。中国は日本が主催するG20大阪サミットをサポートする。

4、気候変動、海洋環境管理、生物多様性の保護などのグローバル環境議題について協力を強める。

5、指導者らの共通認識を実現し、年内終了を目指して東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉を共に進める。中日韓自由貿易区交渉の実質的な進展を促す。

6、両国は、中日イノベーション協力メカニズムの第1回会議で取得した成果を十分に確認し、より多くの分野で交流と協力を強化し、知的財産権を保護し、イノベーション協力を共同で促進する。

7、両国は第三国市場での協力を一層深める。中国は日本企業が「中欧班列」、及びタイ東部経済回廊(EEC)プロジェクトにおいての協力で進展を遂げることを歓迎する。

8、両国は高齢化問題に協力しながら対応し、解決案を共同で検討する。高齢者介護などにおいての交流と協力を強める。

9、貿易投資の自由化と利便性向上を進め、公正、公平で差別のないビジネス環境を共同で構築し、規則を基礎とする多国間貿易体制を守る。

10、地方の経済貿易協力を積極的に促進する。両国のより多くの都市間で経済協力パートナシップを築き、より多くのハイレベルな協力を共同で促進し、両国における地域経済の活性化に役立てる。(提供/環球網・編集/黄テイ)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング