世界で住宅価格が最も高い都市、中国から4都市がトップ10入り―中国メディア

Record China    2019年4月15日(月) 9時30分

拡大

13日、中国メディアの観察者網は、世界で住宅価格が高い上位10都市のうち4都市を中国が占めたと報じた。資料写真。

2019年4月13日、中国メディアの観察者網は、世界で住宅価格が高い上位10都市のうち4都市を中国が占めたと報じた。

記事は、不動産サービス企業CBREが12日、世界35都市の不動産市場を分析した19年版のリポートを発表したことを紹介し、「香港が『世界で住宅価格が最も高い都市』のタイトルを保持したほか、上海、深セン、北京がそれぞれ3位、5位、9位に入った」と伝えた。

リポートによると、19年の香港の住宅の平均価格は123万5220ドル(約1億3838万円)。2~10位は、シンガポール(87万4372ドル)、上海(87万2555ドル)、バンクーバー(81万5322ドル)、深セン(68万283ドル)、ロサンゼルス(67万9220ドル)、ニューヨーク(67万4500ドル)、ロンドン(64万6973ドル)、北京(62万9276ドル)、パリ(62万5299ドル)の順だった。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携