中国海軍70周年の観艦式―先頭艦は空母と1万トン級駆逐艦か、新型原潜の披露に関心

配信日時:2019年4月12日(金) 23時20分
中国海軍70周年の観艦式―空母、1万トン級駆逐艦、新型原潜に関心
画像ID  1083134
中国海軍は4月下旬、成立70周年を祝賀する観艦式などを行う。観艦式では空母「遼寧」と満載排水量が1万3000トン以上とされる055型駆逐艦が先頭艦になるとの見方がある。新型原潜が披露されるかどうかに関心が集まっている。写真は055型駆逐艦。
中国海軍は4月下旬、山東省青島市で成立70周年を祝賀する観艦式など一連の活動を行う。中国メディアの新浪網は2019年4月8日付で、観艦式では空母「遼寧」と満載排水量が1万3000トン以上とされる055ミサイル駆逐艦が先頭艦になるとの見方を示し、新型の095型攻撃原潜や094B型戦略原潜が披露されるかどうかに関心が集まっていると伝えた。

中国共産党軍が初めて得た海軍力は、1944年に汪兆銘政権から離脱して共産党側に就いた海軍練習部隊だったとされる。汪兆銘政権は南京市に本拠を置き、日本と協力。重慶に拠点を置き日本軍と戦闘を続けていた蒋介石政権とも対立していた。

ただし、海軍の発足は国共内戦時に共産党が南京や上海などを攻略するための長江渡航作戦を実施する目的で、浙江省・泰県白馬廟郷に設置した作戦指揮部を華東軍区海軍領導機構(海軍指導機構)に格上げした1949年4月23日としている。

山東省青島で4月下旬に実施される観艦式に、米海軍は艦隊を参加させないことを明らかにしているが、日本、韓国、フランス、ロシアなど十数カ国が艦隊を派遣するとされている。

記事は観艦式について、海軍成立70周年と建国70周年を祝う意味があるので、これまでになく重視されると紹介。先頭艦は、空母「遼寧」と055型ミサイル駆逐艦になるとの予想を示した。「遼寧」は中国がウクライナから購入し、改造して自国空母とした艦だ。中国では、「初の国産空母」の建造が急ピッチですすめられているが、新浪網は「観艦式への参加の可能性は基本的に排除された」として、参加できる状態にするのには間に合わないとの見方を示した。

観艦式で「遼寧」と並んで先頭艦になる可能性の高い055型ミサイル駆逐艦は、2017年6月に一番艦の南昌が進水し、建造中の艦を含め現在までに8隻に達したとされる。055型ミサイル駆逐艦は航続距離が長く兵器搭載量も多いことから、既存の駆逐艦艦隊ではなく、主に空母打撃群(空母艦隊)に配属するとの見方がある。

観艦式への参加が注目されている095型攻撃原潜は原子力推進システムの改良で、運用時間が大幅に伸びたとの見方がある。また、射程距離が2000キロメートルを超える、DH-10(東海-10)巡行ミサイルを発射でき、相手側の防衛網を突破して軍事目標を攻撃する能力が高まったとされる。

094型シリーズは2007年に運用が始まった戦略原子力で、核弾頭を装備した弾道ミサイル(SLBM)を搭載しているとされる。最も初期型は2隻が配備され、094A型が2011年と12年には改良型の094A型が配備され、さらに1隻が進水したとされる。094B型は、さらに大きく性能を向上されたタイプとされているが、不明な点が多い。(翻訳・編集/如月隼人)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事