Record China

ヘッドライン:

GWに韓国を訪れる日本人が激増!韓国ネットもびっくり「嫌韓はうそ?」「日本にまた韓流ブーム」

配信日時:2019年4月13日(土) 9時30分
拡大
10日、韓国メディア・ツアーコリアは、ゴールデンウィークに韓国旅行を楽しむ日本人の数が361%増加したと報じた。写真はソウル。

2019年4月10日、韓国メディア・ツアーコリアは、ゴールデンウィークに韓国旅行を楽しむ日本人の数が361%増加したと報じた。

記事によると、トリップドットコムがゴールデンウィーク期間(4月27日~5月6日)の日本人旅行客の韓国行き旅行の予約率を調査したところ、韓国に到着する航空券の予約率は昨年同期比で361%増加した。韓国のホテルの予約率も昨年同期比341%増加したという。

トリップドットコム関係者は「日本には毎年ゴールデンウィークの連休があるが、予約率がこんなにも大きく増加したのは異例のこと」とし、「今年は天皇の退位や即位により最長10日間の連休となったことが大きく影響している」と分析したという。

これに、韓国のネットユーザーからは「そんなに増えるなんて不思議」「なぜ?GWは毎年あるのに。理由が気になる」「メディアが言っている嫌韓はうそ?」「日本にまた韓流ブームが来た!」などと驚く声が上がっている。

また、「日本人がたくさん来てもどうせ買うのは安いお菓子だけ…」「韓国でたくさんお金を使って帰ってね」など日本人の旅行支出の少なさを指摘する声や、「ぼったくられないように気をつけて」と注意を促す声も。

その他、「それでも日本に行く韓国人の方がはるかに多いけどね」「もともと訪韓日本人の数は多かった。最近少し落ち込んでいたのが元に戻っただけ」との声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

「韓流」イメージダウン、韓国芸能事務所の株価暴落、韓国スターの疑惑による負の連鎖―中国メディア

韓国のアイドルグループ「BIGBANG」の元メンバー、V.I(スンリ)をめぐる一連の疑惑は、韓国社会に衝撃を与え、「韓流」そのもののイメージを深く傷つけた。さらに、韓国芸能事務所の株価も暴落している。22日、環球網が伝えた。

Record China
2019年3月25日 8時0分
続きを読む

ランキング