NYのチャイニーズレストラン、「クリーンな」料理哲学が論争を巻き起こす―中国紙

配信日時:2019年4月13日(土) 8時30分
NYのチャイニーズレストラン、「クリーンな」料理哲学が論争起こす
画像ID  1082778
11日、中国紙・環球時報は、「クリーンな」中国料理を提供することをコンセプトにした米ニューヨークにあるチャイニーズレストランが、「人種差別」や「文化の盗用」などの論争に巻き込まれていると報じた。資料写真。
2019年4月11日、中国紙・環球時報は、「クリーン」な中国料理を提供することをコンセプトにした米ニューヨークにあるチャイニーズレストラン「Lucky Lee’s」が、「人種差別」や「文化の盗用」などの論争に巻き込まれていると報じた。

米メディアの報道を引用して伝えたもので、白人女性オーナーは、自分の店を「中国料理を食べるのが大好きな人のための『クリーンな』チャイニーズレストラン」と表現し、伝統的な麺料理や角切り鶏肉とピーナッツの炒めものなどに改良を加え、中華風の化学調味料などは一切使用しないとしている。

ところが、「クリーンな」という表現に対し、「中国系移民が経営するチャイニーズレストランは汚いというステレオタイプを想起させる」「化学調味料を使用しないと主張するのは伝統的なチャイニーズレストランに対する侮辱」などと批判する声が出るなど、論争に巻き込まれているという。

こうした事態を受けて、女性オーナーは9日、SNS上で「皆さんの反応は明らかに、私たちのレストランのコンセプトが文化的に敏感であることを示しています。私たちはそれに耳を傾け、省察することを約束します」などと謝罪したという。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • な~い***** | (2019/04/13 15:19)

    非伝統的な店に化学調味料を売り込んだのは誰なんだろうね。 そしてその味を喜んで求めたのは誰なんだろうね。 「伝統的な」チャイニーズは、そもそも化学調味料を必要としてなく、使っていないから、「伝統的」と言えるのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2019/04/13 09:32)

    本来の中華(中国)料理は、化学調味料などなかった時代からあるのだから化学調味料など使われなかった。  でも、化学調味料が普及すると、手軽に濃い味が出せる化学調味料がドバドバ使われだした。 ってのは、よく聞く話だよね。 日本では一時期より減ったとも聞くけど、諸外国ではどうなんだろうね。 >伝統的なチャイニーズレストラン こいつらが「伝統的」を名乗る事が、中華(中国)料理に対する侮辱だと思うがな。(ちょっと昔からあるだけだろ) 中華(中国)料理本来の伝統的な自然調味料を否定して、 逆ギレでイチャモンつける中華人って・・・ こいつらは中華文化に対するプライドも愛着もないんだろうなぁ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事