日米露などに駐在する中国の大使は定年過ぎても服務する外交のベテラン―シンガポール紙

配信日時:2019年4月14日(日) 15時30分
日米露などに駐在する中国大使は定年過ぎても服務する外交のベテラン
画像ID  1082749
10日、シンガポール紙・聯合早報は、中国の現任の駐米大使、駐露大使、駐日大使など「副部級」の駐外大使について、「程度は異なるものの定年を過ぎても服務する現象がみられる」と報じている。写真は中国の程永華駐日大使。
2019年4月10日、シンガポール紙・聯合早報は、中国の現任の駐米大使、駐露大使、駐日大使など「副部級」の駐外大使について、「程度は異なるものの定年を過ぎても服務する現象がみられる」と報じている。

記事はまず、中国の駐外大使の職階には、上から「副部級」「正司級」「副司級」の3つがあること、駐外大使の多くは「正司級」だが、米国、ロシア、日本、英国、フランス、ドイツ、北朝鮮、インド、ブラジルなどに駐在する大使や、駐EU代表、駐国連代表は「副部級」であること、慣例では中国の副部級公務員の定年は60歳であることを紹介した。

その上で、5月に離任すると伝えられている程永華(チョン・ヨンホア)駐日大使は今年65歳、後任として有力視されている程氏と同じ中国外交部の日本専門家「ジャパンスクール」の孔鉉佑(コン・シュエンヨウ)外務次官は今年60歳、崔天凱(ツイ・ティエンカイ)駐米大使は今年67歳、李輝(リー・フイ)駐露大使は今年66歳であることを紹介し、「副部級駐外大使の中には、定年の制限を受けない人もいる」「彼らは定年を過ぎた後も長期間服務している外交のベテランたちだ」などと伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/04/14 15:45)

    新一万円札の肖像画になる〈渋沢栄一〉さんは『四十、五十は洟(はな)垂れ小僧。六十、七十は働き盛り。九十になって死神が来たら「百まで待て」と追い返す』と言っている。医学が進歩した現代なら百を過ぎて現役でもおかしくないはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事