Record China

ヘッドライン:

日米露などに駐在する中国の大使は定年過ぎても服務する外交のベテラン―シンガポール紙

配信日時:2019年4月14日(日) 15時30分
拡大
10日、シンガポール紙・聯合早報は、中国の現任の駐米大使、駐露大使、駐日大使など「副部級」の駐外大使について、「程度は異なるものの定年を過ぎても服務する現象がみられる」と報じている。写真は中国の程永華駐日大使。

2019年4月10日、シンガポール紙・聯合早報は、中国の現任の駐米大使、駐露大使、駐日大使など「副部級」の駐外大使について、「程度は異なるものの定年を過ぎても服務する現象がみられる」と報じている。

記事はまず、中国の駐外大使の職階には、上から「副部級」「正司級」「副司級」の3つがあること、駐外大使の多くは「正司級」だが、米国、ロシア、日本、英国、フランス、ドイツ、北朝鮮、インド、ブラジルなどに駐在する大使や、駐EU代表、駐国連代表は「副部級」であること、慣例では中国の副部級公務員の定年は60歳であることを紹介した。

その上で、5月に離任すると伝えられている程永華(チョン・ヨンホア)駐日大使は今年65歳、後任として有力視されている程氏と同じ中国外交部の日本専門家「ジャパンスクール」の孔鉉佑(コン・シュエンヨウ)外務次官は今年60歳、崔天凱(ツイ・ティエンカイ)駐米大使は今年67歳、李輝(リー・フイ)駐露大使は今年66歳であることを紹介し、「副部級駐外大使の中には、定年の制限を受けない人もいる」「彼らは定年を過ぎた後も長期間服務している外交のベテランたちだ」などと伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

崔天凱駐米大使「米中間に意見の相違があるのは正常なこと」―中国

中国の崔天凱駐米大使は「米中間に意見の相違があるのは正常なことだ。重要なのは、双方が互いに相手国への知識と理解を増進し、相手国の戦略的意図を正しく判断することだ。協力と互恵・ウィンウィンという両国関係の主流を変更すべきではない」と表明した。写真は天安門。

人民網日本語版
2019年2月11日 20時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング